悩みを非行行動でまぎらわせている

非行をしてしまう少年は、それぞれの事情はありますが、共通している境遇であったり、思考があるようなので、ご紹介します。 少年たちのなかには、再犯をくり返し、罪の意識がほとんど深まらないようにみえる者がいる。彼らにはもちろん… 続きを読む 悩みを非行行動でまぎらわせている

攻撃的な大人を見て男児の攻撃性が大幅に増え、女児の言葉による暴力が増える

暴力的なシーンを見せることは、子どもにとってどのような影響を及ぼすのか、今のところハッキリとした答えがないのが現状ですが、次の実験は少し確信を得ているのではないかと思ったので、ご紹介します。 攻撃的モデルは子どもたちの前… 続きを読む 攻撃的な大人を見て男児の攻撃性が大幅に増え、女児の言葉による暴力が増える

事実、ギャンブル依存症は未成年にも存在している

ギャンブルは、私の人生の中で無縁のカテゴリなのですが、これから歳を取ったら、毎日のようにパチンコに通うかもしれないので、未来のこのは分かりません。このギャンブルは、大人しかできないものと思っていましたが、未成年もギャンブ… 続きを読む 事実、ギャンブル依存症は未成年にも存在している

小児期の逆境体験が自殺、自傷行為につながる可能性が高い

『犯罪心理学研究 第56巻 特別号(2018)』p.56 高橋哲、山木麻由子氏らの「薬物事犯者における小児期の逆境体験が自殺・自傷に与える影響の検討」について、ご紹介します。 目的としては、刑事施設に在所中の覚醒剤事犯者… 続きを読む 小児期の逆境体験が自殺、自傷行為につながる可能性が高い

最低限、正常かどうかを確認する必要がある

虐待されて育った子が、また子どもを授かると、虐待をしてしまうという(虐待の連鎖)のは、聞いたことがあると思いますが、どうして、このようなことが起こってしまうのかをご存知でしょうか。 これが正解なのかは、おそらく、誰も断言… 続きを読む 最低限、正常かどうかを確認する必要がある

近隣の援助に介入する壁

父親によって女児の命が犠牲になってしまった事件がありましたが(絶対に何とかできた命は、みんなで救えないかSOSを出して欲しい)、児童相談所を責めても、女児の命は戻ってはきません。 児童相談所が悪いのでしょうか。それも分か… 続きを読む 近隣の援助に介入する壁

フィンランドでは法律で体罰が禁止されている

<お断り>絵がありません。パッとしない状態となり申し訳ないです。絵がなくて、投稿ができないこともあり、それがストレスだったので、絵がなくても投稿していこうと思った次第です。 今まで、絵と内容が連動していないことに関しても… 続きを読む フィンランドでは法律で体罰が禁止されている

フィンランドのネウボラについて⑤

ネウボラシリーズ⑤では、核心を突く内容となっています。 フィンランドでは、このネウボラの制度は、当たり前のサービスとして定着をしているそうで、なんとも羨ましい話です。   乳幼児の心身の発達は、どうしても、その… 続きを読む フィンランドのネウボラについて⑤

絶対に何とかできた命は、みんなで救えないかSOSを出して欲しい

平成31年2月5日(火)の日経新聞に、千葉県で起こってしまった、父親による虐待によって女児が亡くなってしまった件について「[社説]女児の死が問う教委の無責任 」「千葉の死亡女児「母は味方」 児相「夫に依存傾向」 「暴行止… 続きを読む 絶対に何とかできた命は、みんなで救えないかSOSを出して欲しい

母親は、いつまでも子どもの味方であって欲しい

写真:飯田橋 乳幼児期では、子どもに対する母親の否定的な感情は、子どもの問題行動傾向に促されて、深化してしまうのだそうだ。 この母親の行動は、親の子どもに対する愛着感の欠如という問題ではなく、子どもに対しての接し方の問題… 続きを読む 母親は、いつまでも子どもの味方であって欲しい