自分のことは自分で決めることで、自立に向けた責任感を育むことができる

非行少年に対してのカウンセリングでは、心を育んでいく必要も出てくるため、慎重に行われていることがうかがえます。 自立させていく教育の中では、次のようなことも行われています。 非行少年の対応においては、少年の行動規制を課す… 続きを読む 自分のことは自分で決めることで、自立に向けた責任感を育むことができる

子どもを非行に走らせないために親がやれること(思春期)

思春期は、反抗的な態度になるのか、そうではないのかで、子ども一人ひとり態度が異なるそうですが、大抵は、反抗的な態度や、イラだちの態度が大半ではないかと思います。この思春期で、子どもを非行に走らせないために親がやれることが… 続きを読む 子どもを非行に走らせないために親がやれること(思春期)

イギリスの家族を尊重しながら適度な距離を保つ姿を参考にしたい

日本では老後は、子どもの方から1人だと心配だから「同居しようか」となる流れが一般的ではないかと思います、二世帯住宅という形で家を建てるというのは、少し前のスタンダードだったと思います。今では、自分のことで精一杯という状態… 続きを読む イギリスの家族を尊重しながら適度な距離を保つ姿を参考にしたい

集団行動をしている限りエレガントな女性には見られない

著者 吉村葉子の『フランス人お金を使わなくてもエレガントな理由』では、フランス人から見た日本人の価値観の違いが、多く載っています。   フランス女性は、雑誌のスナップ写真などで見ると、日本人と比べても、かなりエ… 続きを読む 集団行動をしている限りエレガントな女性には見られない

自分が今、どこに立っているのか分かる社会人が、一人前と言えると思う

『Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学』の著者である、ケン・シーガル氏は、アップルのスティーブ・ジョブズと共に働いたことのある、貴重な逸材であり、スティーブ・ジョブズについて、客観的、主観的に語ってくれ… 続きを読む 自分が今、どこに立っているのか分かる社会人が、一人前と言えると思う

子どもは子ども、親は親

イギリス人からすると、日本人の母は、子どもの召使いであると見られているそうです。 どうしてかと言うと、受験勉強の前になると、子どもの気を遣って、小声で話しをしたり、夜食を用意したり、テレビの音量を小さくしたり、子ども中心… 続きを読む 子どもは子ども、親は親

窮屈なのは、部屋ではなく、家族の関係

写真:見惚れたグラデーション 「日本の家は養鶏小屋」のつづきですが、 『古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家』の著者がよく知るイギリス人は、1DKのフラットタイプに住んでおり(平米数は不明です)、母親は働き、父… 続きを読む 窮屈なのは、部屋ではなく、家族の関係