選択肢が兵士しかない子どもたち

発展途上国の子どもたちが、学校にいかない、いけない理由の中に、戦争、紛争という背景も多く関わっているのが『教育格差』では学ぶことができます。 世界には18歳未満の「子ども兵士」が2001年時点で、約30万人存在し、6歳の… 続きを読む 選択肢が兵士しかない子どもたち

遠い水くみ場に水くみに行って、何キロも離れた学校に通い、疲れた体で外国語の授業を体罰のなか受けたら誰だって学校に行きたくなくなる

子ども向けに作られている『教育格差』の本には、世界の教育事情が分かりやすく紹介されています。 本の中には、「学校にいけない理由」と「学校にいかない理由」が紹介されていました。前者のいけない理由については、すでに記事にさせ… 続きを読む 遠い水くみ場に水くみに行って、何キロも離れた学校に通い、疲れた体で外国語の授業を体罰のなか受けたら誰だって学校に行きたくなくなる

発展途上国の出生率が高い理由(仮説)

日本は、少子超高齢化社会になるなか、出生率が低いことでも知られています。それに比べ、発展途上国の国が、出生率が多いことが気になっていました。 設備が整っている病院もなく、教育水準も低い、産業も発展していないという中で、ど… 続きを読む 発展途上国の出生率が高い理由(仮説)