夢を叶えるために必要な時間をどうやって確保する?(失敗談)

夢を持っているならば、生活のための仕事に時間を使うのではなく、この夢のために時間の多くを使うべきだと思っています。でも具体的にどうしたらいいか?その答えを教えてくれる人っていませんよね。時間があれば!と思っても、仕事で疲れて土日は休みたいとなる。気がついたらもう1年が過ぎてしまって、「あれ、どうしてこんな感じになっちゃうんだろう。何もやってない。」とダラダラと過ごして、また明日が来る。少なくても私はそんな日々を過ごしてしまっています。

夢を叶えるための答えを知りたい。でも生活しなくちゃならないから仕事を今、止めるわけにはいかない。そんな人の役に立てればと思います。

私が思う具体的な方法や、アイデアを書き留めます。

1.自分の夢を優先する行動として、朝起きてから5分シャワーを浴びて、その後すぐ2〜3時間は夢を実現するための時間にすること

まずは、時間が必要!でも、仕事おわりに時間をつくろうとすると、残業が発生した時に、時間が確保できなくて、できないことにストレスに感じてしまったり、やろうと思っても疲れてしまって「まぁいいかぁ明日やろう」って、自分にしょうがないんだ!と言い聞かせながら、そういうときに限って、明日になっても残業が続いたり、プライベートで何か問題が起きたりする。でも、夢を叶えるためにどうにかするしかないって、睡眠時間を削った結果、仕事も集中できない、プライベートでもパートナーの話をちゃんと聞くことができない、最悪な結果になったことがあります。私って何したかったんだっけ?って。

気持ちがあれば何とかできるって思っているから、実現しないんだと、まずは今の自分を知ることが重要だと、しんどいけど、認めたくないけど、夢のためには必要なことだから、やらないと一生このままでいる方が無理だと、ひとつひとつ行動に移して行けば、大丈夫と、今よりは夢に近づいていると実感できたら、また年末にガッカリすることもない。

そのためには、まずは時間を確保するために、時間術的な本からヒントを得ることにしました。

樺沢紫苑(かばさわ しおん)さんの『神・時間術』(p.108)には、いちばん作業がはかどる集中力が高い時間帯は、起床直後の2〜3時間なのだと書かれていました。朝起きた直後の脳は、「片付けて何も載っていないまっさらな机」のような状態で、仕事をすると、その机の上に書類や文房具が並んでいくように、脳内で起きているからなのだそうです。

この本では、この集中できる時間を「ゴールデンタイム」と呼んでいて、この時間には、クオリティの高い「脳のスペック」や集中力を必要とする「集中仕事」が向いているそうです。

このゴールデンタイムを効率的に使うには(p.102)、人間はずっと集中することができないので、45分置きに休みを入れることで集中して作業ができるとされています。さらに、その45分を15分3回に区切ることで、この15分の初めと終わりに集中力が自然と高まる。合計6回集中するポイントをつくることで、常に集中しなくて済むので、作業を続けることができるというワケです。45分をずっと集中しようとすると、続かずにダラダラとしてしまうので、非効率というカラクリのようです。

ただ、朝起きてから2〜3時間を眠くてボーッと過ごしてしまう危険性があります。この問題を解決するには、朝のシャワーが効果的のようです(p.118)。シャワーを浴びるといっても、「5分」にすることが重要になります。でないと、せっかくの時間が過ぎ去ってしまい、夢のための時間が過ぎ去ってしまうからです。

朝目覚めた時に、どんなにダルい、体が重いって思っても、まずは5分のシャワーを浴びる習慣をつければ、気分もスッキリすると思います。

2〜3時間の間が、通勤時間だった場合には、この通勤時間の間も、夢のために必要な時間として、するべきこととして使うべきだと思っています。以前では、電車じゃできないと思っていましたが、今できないと、いつまでたってもできないことが多いため、結果的に、夢を叶えることができないからです。

自分の人生のためのルールとして、朝起きてからの2〜3時間を有効的に使うために5分のシャワーを浴びて、どこにどんな状態でいたって、この時間を夢のために投資をすることが、夢への第一歩だと思って続けてみてください。毎日、必ず2〜3時間を夢のために使うことで、前よりも、今よりも、ずっと夢に近づいていることになります。まずは、自分の夢と向き合う時間を確保することがこれで言い訳することなくできます。

2022.7.3 追記

この記事を投稿した6月11日から、実際にこの行動をとってみましたが、睡眠不足という問題でうまくいきませんでした。気が付いたら4時間しか寝ていませんでした。そもそも、この行動をとる前から、5時間の睡眠時間だったことが分かりました。夜は、SNSでのやり取りが遅くになったりすることも続いてしまい、3〜4時間となっていました。運動するようには意識してたんですけど、基本的な睡眠時間のことを意識できていないことで、慢性的なストレスを抱えていることに気がつきました。

なので、思い切って、自分がスッキリするまでグダーっと寝てみようと、思いっきり甘やかしてみました。いろいろ試しているうちに、夜は23時には床について、朝6時に起きるようにしたら、日中の集中力が増して、勝手に気分も前向きになっていました。自然に夢への取り組みに対しても、冷静に考えることができまして、今の仕事を続ける方がリスクがあるという判断に至りました。

判断できたきっかけは、お給料をどんなに上げてもらったとしても、満足しない自分がいたからです。もちろん、お金は大事なんですけど、人間いつ死ぬか分からないですし、少しでも夢に近い仕事や、学べることがあるのであれば、それをやる方が今よりももっと有益な時間を過ごすことができると思ったんです。今よりも全然お金はもらえなくなりますけどね。でも、今よりは全然人生が豊かになると思いました。

いろんなことに対してのストレスも、ストレスに感じなくなっていました。人間関係に対しても、冷静に、そして、自分らしく楽しんでいられるようになりました。

睡眠ってとっても大事ですっ!!!!私以外の方は、分かっていらっしゃるかもしれませんね。なんて遠回りしてきたんだろうと、今からでも、最高の睡眠を考えて行動してみようと思いました。全てバランスが大事ですね。

まずは、ちゃんと夢に向かうための準備が整っていなかったというオチでした。

もし、睡眠時間が7時間未満の場合、睡眠をしっかりとることをやってみてください。

参考図書:『神・時間術』樺沢紫苑

作成者: Tangoo

どうしたら、幸せになれるのか、それを知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。