お金の価値観は、親の背中を見て学んでいる

「この親にしてこの子あり」(確か)こんな言葉がありますが、親子の言動や、性格などが似ていると、当てはまる言葉であると思います。

この言葉は、目に見えるものだけではなく、タイトル通りに、お金についての価値観までもが、親から学んでしまうということです。

お金は大事!節約しないとダメ!定期預金の習慣や、お金を使うタイミングなどは、直接、言葉で学ぶことがなくても背中をみて、姿勢で学び、意識することなく、身についています。

今の自分の行動(お金に対しての意識)を変えたい場合には、まずは今の自分を知ることが重要になります。

意識はしていなくても、すべての行動--いいものも悪いものも--はもともと私たちが子どものころに目にして学んできた行動からきているのです。「なぜ自分がそんな行動をしているのか」を意識しなければ、自分の行動を変えることはできないでしょう。

一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money』(著)本田健 p.185

自分で自分の行動、感情を理解・認識をすることで、精神が安定に結びついたりすることがありますが、理想の自分が存在していたり、簡単な目標であっても、今を変えるためには、今の自分がどのような状態なのかを理解しなければ、変える意識をすることはできないという解釈になります。

自分の行動に気がついた時には、ハッとした気持ちになるのが、経験上あります。だいたいそういう時は、プラスではなく、マイナスな行動が多い印象があります。自分で気づけた時には、その感覚と共に、すぐに改善することにもなるので、この考え方は、重要であると思います。

作成者: Tangoo

どうしたら、幸せになれるのか、それを知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。