野菜や果物をもっと食べるだけでは痩せない

痩せるためには「野菜を食べよう」というのは、誰にでも分かることであって、よく耳にすることだと思います。

野菜を食べるだけであれば、みんな痩せていると思いませんか。ですが、現実は、痩せる薬が宣伝されているほど、うまくいっていない方の方が多いと考えられます。

野菜を食べた方がいいのですが、野菜以外のこともしなければならないのが、次の通りの現実になります。

野菜や果物は、ほかと比べると健康的な食べ物であることは疑いようがない。だが、あなたの目標が“減量すること”ならば、不健康な食べ物を健康的な食べ物に置き換えるのでなければ意味がない。

《中略》

忘れてはならない大切なことは、野菜や果物を増やした分、健康によくない食べ物を減らさなければならないということだ。

トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』ジェイソン・ファン(著) p.229

これが現実ではないかと思います。

野菜をどんなに食べたとしても、食べている全ての食べ物のバランスが、健康によくない食べ物であれば、不健康になるというのは、誰でも考えられることだと思います。

カラダに良くない食べ物を食べてもいい方法はないかと、私たちは抜け道を探しているのだと思いますが、おそらく「ない」のだと思います。

たくさん食べたい時に、カロリーをカットしてくれるカロリミットなどもありますが、その副作用がなんなのかも分かりません。むしろ、不健康になってしまっては、意味がないと思いますので、カラダに悪い食べ物を食べないこと、そして野菜を食べるということが、いちばんの近道であるというのを、分かってはいたけど、受け入れられないのが、肥満なのかもしれません。

作成者: Tangoo

どうしたら、幸せになれるのか、それを知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。