糖分のデザートを置き換える

砂糖そのものがカラダによくないので、なるべく抑えることが懸命なことであることは、誰が考えても思いつくことではないかと思います。

それが出来ないから苦労しているんですよね。ですが、カラダのためには、今よりも健康的になれるなら、なりたいのが人間の欲ではないかと思います。

あれも、これもを手にできるのが、理想です。

それを叶えるために、デザートの置き換えが提案されているので、ご紹介します。

「どれくらいなら砂糖を摂ってもいいか」という質問は、「タバコをどれくらい吸ってもいいか」という質問と同じだ。理想的には、添加された砂糖をまったく摂らないのがいちばんいい。

トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』ジェイソン・ファン(著) p.368

今まで、デザートとして摂取していた甘いものを、次のような砂糖を使用していないものに変えることで、肥満から回避することができることが提案されています。

・新鮮な季節の果物

・ナッツ類

・チーズ

・ダークチョコレート

これは、よく言われているメニューではないかと思います。

ただこれを、続けることによって、砂糖を食べている時よりも、体調が良くなるし、痩せるのであれば、続けてみる価値はあるのではないかと思います。

メニューの中にある、ダークチョコレートって、砂糖使ってるじゃん?と思いましたが、このダークチョコレートには、インスリン抵抗性(参照:朝食を抜くだけで健康になれる説など、インスリン抵抗性で検索)を減らす効果があるとされているそうです。

砂糖はカラダに悪いと分かってしまうと、もう砂糖とは永遠の別れに感じてしまい、失ってから大切さに分かる、悲しい感覚に襲われてしまいますが、これから、もう2度とデザートを食べることができないと思っただけで、ストレスになってしまうので、クリスマスや、正月、誕生日などのイベント時などに食べる程度であれば、今までに比べれば、圧倒的に健康になれると考えられますし、その場を楽しむことで、ストレスを溜めることにもなりません。

作成者: Tangoo

どうしたら、幸せになれるのか、それを知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。