過食で脳が傷つく

朝食はからだに悪い』 では、過食がカラダに悪いことが書かれています。

過食をすることによって、さまざまな病気に繋がってしまうのですが、実は脳も傷ついているそうです。

過食のせいでインスリン抵抗性を発症すると、脳もインスリン抵抗性を持つようになり、そのせいで脳は傷つくのだ。

朝食はからだに悪い』 テレンス・キーリー(著) p.327

過食によって、直接的に脳が傷ついているのではなく、結果的に傷つき、アルツハイマーなどにかかるという具合のようです。

この過食をなくすためには、腹八分目でストップできればいいのですが、巷で流行っている8時間ダイエットは、この過食にも効果があるとしてご紹介されていました。

結論を言えば、周期的断食ダイエットは、減量のためにも、健康のためにも、単純なカロリー計算より効果があり、中でも8時間ダイエットが最も効果がある。そして8時間ダイエットの中でも、朝食を抜いて、午前の軽食と夕食をとるのが最善である。

朝食はからだに悪い』 テレンス・キーリー(著) p.302

体質によると思いますが、断食が向いている人と、そうでない人がいると思うので、無理に行うのは、さらなる過食に進んでしまうのではないかと不安があります。

朝食を抜いた後は、急にたくさんのご飯を食べるのではなく、軽食が望ましいとされています。カラダがびっくりしちゃうのではと、想像ができますが、この本では、インスリン抵抗性の視点で考えて、避けた方がいいという内容になっているので、まずは試してみて、ストレスが少なく、続けられそうなら、採用するという具合でいいと思います。

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。