「ありがとう」「助かった」の言葉が人を救う

前向きに人生を生きる方法的な啓発本で、1日の終わりに、「ありがとう」と思うことを書き出してみる的なことがありますが、実は、この「ありがとう」と思うことは、人が絡んでいる場合には、本人に伝える方が、お互いがハッピーになれるという嬉しいプライスレスです。

 

アルフレッド・アドラー氏が、このことについて、以下のように述べています。

人は「貢献度」を感じ

「自分に価値がある」と思える時だけ

勇気を持つことができる。

アルフレッド氏が好きな「勇気」がここでも出てきます。

自分が起こした行動が、人の役に立っていると思えるときだけ、生きている価値があると思えるのだそうです。

本当にそうかどうかは、アルフレッド氏の主観が入っているので、定かではありませんが、一理あると思います(何様だ発言ですが、申し訳ないです)。

 

この考えでいくと、人に対して「ありがとう」「助かった」という言葉をかけてあげるだけで、生きている価値があると思ってくれるのですから、みんなが、周囲の人に伝えるだけで、みんなが幸せになれるのですから、平和な世の中になると思ってしまいました。

平和って、もしかしたら簡単にできるのかもと思いました(国内だけの話です)。

 

無条件に世の中に貢献をするということでは、ボランティアに参加することがあるので、悩んでいる人や、思春期の方、大人も、定期的にボランティアをすることで、自動的にそれだけで生きている価値がチャージされる機会となるので、積極的に参加すると、みんなハッピーになれるということになります。

 

<関連記事>

キレる状態は、自分で決めているにすぎない

良かれと思ってやっていることが、他人の人生に影響を与えている

人間は、劣等感を感じる生き物である

 

<引用書籍>

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です