問題探しは、人権問題に発展する

アルフレッド・アドラー氏の考え中には、同感することが多いです。

人の心理は物理学とは違う。

問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。

解決法と可能性に集中すべきなのだ。

アルフレッド氏は、よく「勇気」という表現を使用します。

いや、原文が分からないので、本当は違うのかもしれません。

 

勇気をくじく行動とは、相手の問題探しをしてダメ出しをすることであり、原因究明の名の下に、失敗した者を吊るし上げ、責めたてることです。

昔の日本の教育方針でも、相手を叱る時には、みんなの前ではなく、個室に言ってから行うべきであるとしている。

どの学校でも、先生はこんなに丁寧にはしてくれないのが現状です。先生だからこそ、みんなの前で叱ることが、本人のためになると思っているのかもしれない。

この方法をとることで、居場所がなくなり、グレてしまうということを知って欲しい。

 

子どもや部下のできていないところを指摘することで、問題の「原因」を明らかにし、その後に解決策を考える。

これまで彼らが学んできた「物理学」の法則にのっとった解決法を、そのまま人間の心理学に当てはめようとしているのです。

誰しもが、問題を抱えている不完全な存在が人間であるが、それが、個性なのですから、性格や、中身をあーだこーだと叱ることは、人権問題となる。

表現されている方法が問題の原因であるということになるので、どこのあたりが物理学なのかも不明だが、心理学でもないのではないかと個人的には思う。

ひとりひとりを尊重するという、道徳心ではないかと思います。

学校だから時間がないという理由で、人を傷つけることは許されることではないと思います。

 

原因究明に割く時間をゼロもしくはほんのわずかにして、解決法を考えることにほとんどの時間を使うこと。可能性に集中すること。

それが勇気づけにつながるのです。

問題点が分からなければ、解決策も考えられませんが、前向きに、これからどうしていこうかと、一緒考えて、答えを出していくことが、本当の問題解決であると、個人的には思います。

どうすればいいのかが分かれば、迷うことなく進むことができます。未来が明るくなり、努力する方法が分かります。ただ叱るだけでは、グレてしまい、やる気もなくなってしまうので、最悪な方法であるということが分かります。

これは、子どもだけではなく、大人に対しても同じことだと思います。

 

<関連記事>

良かれと思ってやっていることが、他人の人生に影響を与えている

人間は、劣等感を感じる生き物である

個性を認めるなら、個人の考えに首を突っ込むな

 

<引用書籍>

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です