数字だけでは本当の世界は分からない

FACTFULNESS(ファクトフルネス)』の著者ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリングらは、世界を知るには数字で見えてくるものがあるが、数字だけが全てではないと述べている。

 

仮説を検証するためにデータは必要だが、仮説をどこからひらめくかというと、人と話したり、話を聞いたりすることからだ。

世界を理解するのに数字は欠かせないけれど、数字いじりだけで引き出された結論は疑ってかかった方がいい(247ページ)。

この話の内容は、もっとだが、おそらくここで言いたいのは、この数字で出た内容が、本当に正しいデータなのかを確かめるのは、データは測れないということであると思います。

論文で何かを証明するためには、データが必要になり、その導き出され方が重要になりますが、世の中から出される情報が、本当に真実なのかは、疑った方がいいということも言える。

何もエビデンスもなく出されるデータに関しては、すぐに疑うことができるので簡単なことではないかと思います。

 

人類の進歩の中でもいちばん価値のある大切なものは、もちろん数字だけでは測れない。

(中略)

経済発展の最終的な目的は個人の自由だし、それはなかなか数字で表せない。人類の進歩を数字で表すという考え方そのものが変だと感じる人も多い。わたしもそう思う。この世の人生のすべての機微を数字に表すことなんて絶対にできない(248ページ)。

それぞれの意見や、考え方、表現の仕方などで、人の想いが出てくる。それを数字にすることなんて、確かにできない。

メディアでは、中国人はヒドい報道のされ方をしているが、実際に中国に行った人は、そんなにヒドいと思った中国人はいないと感じている人もいる。

報道は報道だが、真実は、自分の目で見なければ分からないことであると、個人的にも思う。

 

<関連記事>

世界を知らない者に、世界の問題は解けない

アップルは、アイデアがダメでもいいと考える

伝え方によって、伝わり方が変わる

 

<引用書籍>

作成者: Tangoo

どうしたら、幸せになれるのか、それを知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

1件のコメント

  1. こんばんは!初めてコメントします。報道も国が発表する数字も信用できません。それでも、世間は数字を大事にしたがる風潮が消えません。その弊害は大きいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。