接触が増えると好意的になる

img_2686

ザイアンス氏の研究(1960年)では、漢字を読むことができないという人たちに対して、同じ漢字を25回見せて、そのたびごとに、漢字の意味を当てさせた結果、協力者は漢字を目にする回数が増えると、好意的な意味を当てるようになっていくのだそうです。

ここでは、知らない漢字を何度目にしても、その意味に関する情報が得られるわけでもな位のだが、人々が漢字そのものに抱く気持ちが接触が増えるとともに、好意的なものになっていったということが言えると考察することができるとしている。

 

この結果から考えると、子ども時代に食していたご飯が、どんなに一般から変わっていたとしても、「馴染みのある味」となり=「好き」=「美味しい」ということになる。

テレビで何度も紹介されている商品が、身近な人が持っているのをみると=「知っている」=「好き」=「欲しい」という戦略になる。

 

好きになって欲しい、商品を買って欲しいと思ったら、とにかく多く接触をするということだけで、印象に残り、好きになってくれるということになる。

 

何度あったとしても、嫌なものは嫌だと思うが(理性では語れない、直感で好きにはなれないという状態にもなるのではないかと、個人的には思う。知ってはいて馴染みはあるが、好きではないという感覚は、個人的にはあるからだ。)、この考えは使える話だと思われる。

 

 

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です