追いかけて走ることは本能である

IMG_2682

詩人のウィリアム・クーパー氏は、詩の中に、馬が猛烈に駆け出して、つかまえようとする町の人々が必死に追いかけている姿や、飼いウサギを追いかけた話などを、詳しく書いている手紙などを残しているそうです。

 

犬、馬、人が、一体となって野原を流れるように移動をし、獲物を追うというスリルには、アドレナリンが放出され、解放されているかのような感覚になり、この快感は、人間の本能なのではないかと、思わざるおえない。

 

追いかけるモノが、生きているモノの方が、より、面白みも増して、本能的なものを感じるのかもしれませんが、子どもが、興奮をした時には、部屋の狭い中であっても、走り出す光景を見たことがないだろうか。

 

イギリスの中世では、富裕層の遊びは、生きている動物を狩るというのが、遊びとして確立されていたそうです。

イギリス人はどう遊んできたか「遊び」の社会史―娯楽に見る貧富の格差』の中では、イギリスの王様は、狩りをした時の感想が書かれていました。

その日の快感は、時間が自分の思いどおりに使え、自由を楽しめたことであった。

嘆願者は皆無、相次いだ会議の後の新鮮な空気、危険を伴うことの緊張感、弓を射る技、猟犬の働き、そして狩猟が終わった時の心地良い疲れ。

それらが、快感の中身であったそうです。

 

貧民層の中では、生きている動物を狩ることができなかったそうで、ボールを動物に見立てて、追い回すというフットボールを楽しんでいたのだそうです。

 

そのフットボールが、世界中で、賞金が出るほどの遊びになっていると思うと、世界は貧民層で成り立っているのかと思うと、考えさせられるものがあります。

現在では、動物狩りは法的に制限がされていると思うので、今では、富裕層は、何を追いかけているのでしょうか。考えたくないです。

 

 

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です