誰かに私の気持ちを「わかってもらいたい」と思うのはワガママなのか?

私の気持ちを分かって欲しいと思うこと自体、難しいことなのでしょうか。結婚相手を探すみたいに、気持ちを分かってくれる人を探し続けることが最善なのでしょうか。 気持ちを分かって欲しいと思うこと自体が、ワガママなのではないかと… 続きを読む 誰かに私の気持ちを「わかってもらいたい」と思うのはワガママなのか?

SNSに書き込んだ人と、見ている人の温度差で、コミュニケーションのすれ違いが起きている

『「わかってもらいたい」という病』では、イマドキらしい生き方をしている主に若者に対して、著者が思うには、「SNSは“自分をわかってもらうためのメディア”としては適していないのではないかと思う」と述べています。 私も本当は… 続きを読む SNSに書き込んだ人と、見ている人の温度差で、コミュニケーションのすれ違いが起きている

SNSから抜け出せない“いまどき”の若者たち

俳優の三浦春馬さんが、自宅で自殺をはかった疑いで、真相を確認している中、遺書の内容も教えてくれないので、真実は分かりません。報道の中には、SNSの誹謗中傷が原因ではないかとされています。 私自身が、SNSとは無縁の生活を… 続きを読む SNSから抜け出せない“いまどき”の若者たち

成功している人が自殺する理由

有名大学を出て、エリートコースで出世をしていた人が、妻がいて、子どももいて、まわりからは、理想の幸せな人生だと言われていたのに、突然に自殺をしてしまうケースがあります。 最近では、コロナの影響によって、経営者が、自殺をす… 続きを読む 成功している人が自殺する理由

SNSがなくなっても、誹謗中傷はなくならない

現代よりも昔、石器時代から誹謗中傷はおそらく、存在していたのではないかと思います。どうして今、この誹謗中傷がこんなに言われてしまうようになったのかと考えると、SNSによって、本人の目に触れる機会が増えてしまったからではな… 続きを読む SNSがなくなっても、誹謗中傷はなくならない

小児期の逆境体験が自殺、自傷行為につながる可能性が高い

『犯罪心理学研究 第56巻 特別号(2018)』p.56 高橋哲、山木麻由子氏らの「薬物事犯者における小児期の逆境体験が自殺・自傷に与える影響の検討」について、ご紹介します。 目的としては、刑事施設に在所中の覚醒剤事犯者… 続きを読む 小児期の逆境体験が自殺、自傷行為につながる可能性が高い

肌で感じた、イタリア・マンマの愛

イタリア人のほとんどは、カトリック[※1]で、街の中には至るところに教会があり、そこでは、定期的なミサが行われたり、日常的に教会に行く習慣もあります。 キリスト教ということもあってか、家族間の絆をとても大切にしていること… 続きを読む 肌で感じた、イタリア・マンマの愛

日本はストレス社会、だからこそ長生き大国説

「ストレスは、良くないことである」というのは、もはや都市伝説になるかもしれません。   ストレスと上手く向き合うことによって、ストレスは、体にプラスの作用をもたらしてくれるという話です。今まで感じていたストレス… 続きを読む 日本はストレス社会、だからこそ長生き大国説