アイスランドは犯罪が起こる可能性を排除する社会

世界一治安の良い国であるアイスランドが、どうして世界一なのか? 習慣や国民性、文化、社会などを見ているうちに以下のことが分かりました。 アイスランド人はお金がないときでもお金を使って愉悦にひたる。幸い、なぜか賭けごとには… 続きを読む アイスランドは犯罪が起こる可能性を排除する社会

ビールが禁止されていたアイスランド

世界一治安の良い国アイスランドでは、殺人が圧倒的に少ないのですが、酒(次に麻薬)に関する問題があることが分かりました。 アイスランドは、たぐいまれな美と多様性に富む原始の大地を授かったせいか、むかしからアルコールの問題が… 続きを読む ビールが禁止されていたアイスランド

世界でいちばん犯罪の少ないアイスランドの犯罪

アイスランドは、世界でいちばん犯罪が少ない国とされていますが、そんなアイルランドで発生する犯罪はどんなものがあるのでしょうか。 ロシアのトロール漁船が寄港すると犯罪が急増するという。たしかに事実のようだが、国民は政府が失… 続きを読む 世界でいちばん犯罪の少ないアイスランドの犯罪

世界でいちばん犯罪が少ないアイスランドは警察官のおかげ?

日本で、人とのすれ違いによって起こる犯罪が悲しすぎると思い、そういった犯罪を減らしたいという気持ちで、答えを探している中、アイスランドは、世界でいちばん犯罪が少ないということを知りました。 ずっと何故なのか?と思っていま… 続きを読む 世界でいちばん犯罪が少ないアイスランドは警察官のおかげ?

殺人者は、自分を止めて欲しいと願っている

人は生まれながらにして、人と協力して生きていこうと思ったり、人と感動を分かち合いたいと思ったり、人のためになることをしたいと思ったりするような本能がDNAに埋め込まれているのが、進化の過程であるそうなのですが、中には、そ… 続きを読む 殺人者は、自分を止めて欲しいと願っている

共感性がなくて非行にはしり、共感性があって非行にはしる(3)

「共感性がなくて非行にはしり、共感性があって非行にはしる(2)」の続きになります。 「共感性の乏しさ」が非行に関係しているのかどうかの紹介になります。   前回は、アンケートによって出てきた結果の紹介でしたが、… 続きを読む 共感性がなくて非行にはしり、共感性があって非行にはしる(3)

気に入ったアイテムを迷わずに買ってみる

インテリアの話です。 お部屋の色を気にしてしまって、雑貨屋さんに行ったときに「はっ!かわいいぃぃ」って思っても、買わずにいてしまうということはないでしょうか。   何かを選ぶときに、これなら今の部屋に合うかなっ… 続きを読む 気に入ったアイテムを迷わずに買ってみる

犯罪、非行を抑制するのはやっぱり教育である

前回からの続きになります(2001年に開かれた、日本犯罪心理学研究会第39回大会の発表論文集の中の、徳島文理大学の犬塚石夫さんの企画、司会による、「シンポジウム:発達と非行」にて、自己統制力についてのワードが上がっていた… 続きを読む 犯罪、非行を抑制するのはやっぱり教育である

結局、日本の教育方法で非行・犯罪が起きていると言っていいのではないでしょうか

前回からの続きになります(2001年に開かれた、日本犯罪心理学研究会第39回大会の発表論文集の中の、徳島文理大学の犬塚石夫さんの企画、司会による、「シンポジウム:発達と非行」にて、自己統制力についてのワードが上がっていた… 続きを読む 結局、日本の教育方法で非行・犯罪が起きていると言っていいのではないでしょうか

本当に平等になるという意味

前回の続きになります(2001年に開かれた、日本犯罪心理学研究会第39回大会の発表論文集の中の、徳島文理大学の犬塚石夫さんの企画、司会による、「シンポジウム:発達と非行」にて、自己統制力についてのワードが上がっていたので… 続きを読む 本当に平等になるという意味