母親の呪縛から解放されるために下着を盗んでしまう

下着ドロボーをする人の心理は、人それぞれあると思いますが、未成年の15歳男子の一例が紹介されていました。 Aはそのほかに非行歴はなく、警察に捕まったのも初めてである。性非行は性衝動の問題として考えがちであるが、この事件の… 続きを読む 母親の呪縛から解放されるために下着を盗んでしまう

その人のために意見することは、結果的にまわりのためにもなる

「わかってもらいたい」人は、若者だけではなく、母親にも該当します。しかも、最悪の場合、殺人までに至ってしまったケースをご紹介します。参照する内容は、裁判が進む中で、被告の意見陳述場面となります。 「私がもっとしなやかにも… 続きを読む その人のために意見することは、結果的にまわりのためにもなる

認識のすれ違いを少なくすることで、子どもの将来が安泰になる

自分のことを、いちばん分かって欲しい、いちばんの理解者でいて欲しいと思う人物の多くは、圧倒的に母親になるそうです。 シングルマザーが十分に子どもと向き合っている場合には、不仲な夫婦に比べて、非行になる率が少ないことが分か… 続きを読む 認識のすれ違いを少なくすることで、子どもの将来が安泰になる

受験生と同じように母親もストレスを感じている

平成31年2月4日(月)の日経新聞に載っていた記事で、「受験生の母 7割ストレス」というものがありましたので、ご紹介します。 受験生のストレスではなく、受験生をもつ母がターゲットになっているところが面白いと思ってしまいま… 続きを読む 受験生と同じように母親もストレスを感じている

母親は、いつまでも子どもの味方であって欲しい

写真:飯田橋 乳幼児期では、子どもに対する母親の否定的な感情は、子どもの問題行動傾向に促されて、深化してしまうのだそうだ。 この母親の行動は、親の子どもに対する愛着感の欠如という問題ではなく、子どもに対しての接し方の問題… 続きを読む 母親は、いつまでも子どもの味方であって欲しい