その人のために意見することは、結果的にまわりのためにもなる

「わかってもらいたい」人は、若者だけではなく、母親にも該当します。しかも、最悪の場合、殺人までに至ってしまったケースをご紹介します。参照する内容は、裁判が進む中で、被告の意見陳述場面となります。 「私がもっとしなやかにも… 続きを読む その人のために意見することは、結果的にまわりのためにもなる

戦争は犯罪行為になるのか

殺人を犯してしまった方は、他の人との違いをどのように考えているのか、一例として知ることができる内容がありましたので、ご紹介します。 (殺人に対する感覚が人と違っていると思うか?それとも人は皆同じだと思うか?) 「…普通で… 続きを読む 戦争は犯罪行為になるのか

殺人者は、自分を止めて欲しいと願っている

人は生まれながらにして、人と協力して生きていこうと思ったり、人と感動を分かち合いたいと思ったり、人のためになることをしたいと思ったりするような本能がDNAに埋め込まれているのが、進化の過程であるそうなのですが、中には、そ… 続きを読む 殺人者は、自分を止めて欲しいと願っている

殺人事件の「誰でもよかった」には、近しい人は含まれていない可能性がある

殺人事件を起こした後、どうしてこの方殺害したのか?という問いに対して、「誰でもよかった」という供述している様子を、テレビで見かけたことはないでしょうか。 個人的には、人を殺めること自体のアイデアがあったとしても、その行動… 続きを読む 殺人事件の「誰でもよかった」には、近しい人は含まれていない可能性がある

殺人事件は、人によっては解決手段になる

アメリカで起きている暴動などを見ていると、事件が起きた地域に限らず、近隣の地域、全土に渡っての暴動が起きてしまうまでに発展してしまいましたが、もともと、事件が起きると、人間は誘発されて行動するようになることが分かっていま… 続きを読む 殺人事件は、人によっては解決手段になる

定期的に自分を評価する

『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック (BEST OF BUSINESS)』の本から、目標を達成するためのヒントの数々を紹介します(※今回は犯罪についての考察になってしまい… 続きを読む 定期的に自分を評価する

男性は同性で、配偶者をゲットするために、殺し合いをする

異性の関係を考えるときには、心理学が多いかと、個人的には思いますが、進化論の中にも、この異性の関係が唱えられていました。以下は、ほとんどが引用となります。 個人広告が、生まれるずっと以前にも、男女は全力をあげて異性に自ら… 続きを読む 男性は同性で、配偶者をゲットするために、殺し合いをする

私は怪物だ!不幸な犠牲者たち!

写真:手作りの「お会計はこちらへ」 『殺人の歴史 (「知の再発見」双書154)』には、『私、ピエールの証言ミシェル・リヴィエールは、母、妹、弟を殺害しました…19世紀の親殺し事件』(1973年)の内容が少々載っており、こ… 続きを読む 私は怪物だ!不幸な犠牲者たち!

「自分」という存在意義を求めるのが、人間らしい姿

就職活動をしていたり、ふと、我に返った時や、他人と話しをしている時になどに、「自分」という存在を考えたことは、一度はあるのではないでしょうか。   実は、自分を知るには、他人と話をしたり、他人を知ることで、自分… 続きを読む 「自分」という存在意義を求めるのが、人間らしい姿

殺人は「コストパフォーマンス」の意識で行われている

  映画にもなった、「コロンバイン高校銃乱射殺人事件」について、どういった心理状態が働いているのかということが『殺人犯罪学』に載っていたので、ご紹介します。   主にアメリカにて、発生する傾向のある銃… 続きを読む 殺人は「コストパフォーマンス」の意識で行われている