アプローチを変えてブランドの新たな魅力を引き出す

『売らずに売る技術』では、ラグジュアリーグランドでの販売戦略が、いくつも紹介しています。その中で気になった内容があったので、ご紹介します。 “ラグジュアリーブランドにとって一番の危機は、商品が機能面やお得感だけで比較され… 続きを読む アプローチを変えてブランドの新たな魅力を引き出す

無印良品が選ばれる理由

日本人ならば、誰でも一度は「無印良品」を利用したことがあるのではないかと思います。だいぶ前からですが、ファミリーマートにも、いくらかの商品が並んでいるので、より購入できる機会が増えていると思います。 この無印良品は、安い… 続きを読む 無印良品が選ばれる理由

遊びに行きたくなる場づくり

『売らず売る技術』では、お金があってもなくても行きたくなる場所づくりをすることが、販売促進、広告、宣伝効果にもなると提唱しています。 まずは、この「行きたくなるという場所」について、どのように認知してもらうか、ということ… 続きを読む 遊びに行きたくなる場づくり

安売りをする必要はどこにもない

『売らずに売る技術』では、自身の商品を、妥当な値段で売ることは、必要なことであると(こんな表現ではないですが、要するにそんなことを)述べています。 “ラグジュアリーブランドに誰でも、手が届く価格の商品はありま… 続きを読む 安売りをする必要はどこにもない

ネットであっても人との関わりの瞬間がいちばん重要である

『売らずに売る技術』では、ネットであっても、店舗であっても、人と人が接する瞬間に、商品、企業の愛着に大きな影響が与えられると述べています。 “ネット通販が広まった今でさえ、ブランドの評価を決定する「真実の瞬間… 続きを読む ネットであっても人との関わりの瞬間がいちばん重要である

世の中にないモノ、気に入らないモノを自分で造るビジネス

『売らずに売る技術』では、ビジネスを成功させた女性の話が載っていたので、紹介します。 女性ファッション誌の編集者であった、ナタリー・マセネットさんは、妊娠で休業をしていた際に暇だったのか、その時間を、ネット通販で埋めてい… 続きを読む 世の中にないモノ、気に入らないモノを自分で造るビジネス

企業(自身)の社会的・慈善活動に取り組みが評価される

商品を選ぶ際に、どんな風に作られているのか、誰が作っているのか、どこで作られているのか、どんなコンセプトで作られているのかを確認して、値段を確認して、同じような商品が並んでいたら、選択する条件として、どんな企業なのかとい… 続きを読む 企業(自身)の社会的・慈善活動に取り組みが評価される

自分たちのブランドは、どんな風に思われたいかに近づけるのが目標になる

『売らずに売る技術』では、商品、企業のブランドで目指している場所があると思いますが、この場所が、同じ業界である必要はなく、ジャンルを超えて、そんなブランドイメージとして目指しているのかということを明確にすることが重要であ… 続きを読む 自分たちのブランドは、どんな風に思われたいかに近づけるのが目標になる