抽象的な言葉は、年相応の言葉・表現を使って、分かりやすく説明をする教育

教育上、必要な表現を用いるとき、抽象的な言葉については、説明が難しい所ではあります。ですが、30人のクラスのうち、1人も理解できていなかった場合、大人になったら理解ができることと割り切ってしまって、学びを飛ばしてしまうの… 続きを読む 抽象的な言葉は、年相応の言葉・表現を使って、分かりやすく説明をする教育

いじめ問題は、教師が対応できないなら組織づくりが重要ではないだろうか

2019年7月9日の日経新聞にて、「いじめメモ把握 照会後」という記事があったので、紹介します。 この記事の内容は、岐阜県市立の中学3年生の男子生徒が、マンションから転落死したという問題があり、この生徒に対して、いじめに… 続きを読む いじめ問題は、教師が対応できないなら組織づくりが重要ではないだろうか

ママの愛が、世界を救う

著書『フィンランドの教育力』のなかに、個人的に心あたたまる、嬉しいエピソードがあったので、ご紹介したいと思います。   著者の「リッカ・パッカラ」さんは、フィンランドの特別支援のベテラン教師なのですが、受け持っ… 続きを読む ママの愛が、世界を救う

フィンランドの「いじめ」問題

前回の「なぜフィンランドが世界一なのか?」の続きになります。   学力世界一とされているフィンランドですが、この学力が評価されているのは、小学校です。世界で優秀とされている大学には、フィンランドは一切含まれてい… 続きを読む フィンランドの「いじめ」問題