イタリア(レッジョ・エミリア)では、色ごとに整理整頓をしていましたよ

前回(人間は単調であることで精神が落ち着き、単調であることで退屈になってしまう)は、単調すぎると退屈になってしまうという、人間のわがままを考える収納を考えましたが。イタリア(レッジョ・エミリアにしか行ったことがないので、… 続きを読む イタリア(レッジョ・エミリア)では、色ごとに整理整頓をしていましたよ

イタリア人の「市民」とは

幼児教育関係のレッジョ・チルドレンで、イタリアに出会うきっかけになりましたが、その内容を見ても伝わってくる概念がありました。 以前の記事にも書かせていただいているのですが、イタリアは国民性というよりも、市民性が強いという… 続きを読む イタリア人の「市民」とは

お食事は優雅にお外で

「アトリエは、ある程度の広さも必要である」の続きとなり、nido guastallaのお食事の様子になります。 この日は、お外でお食事をとっているクラスがありました。 メニューは、ジェノベーゼパスタです。   … 続きを読む お食事は優雅にお外で

アトリエは、ある程度の広さも必要である

レッジョ・エミリアにあるクジラ型の保育園内部、アトリエを見て分かったことがあります。「nido guastallaの内部〜ガラスのキャンパス〜」の続きになります。   1歳〜2歳前半くらいの子どもが、丸いテーブ… 続きを読む アトリエは、ある程度の広さも必要である

プロジェクトのテーマに合わせた活動

「本のある環境アイディア」の続きになります。nido guastellaの内部です。 今シーズンのプロジェクトのテーマが、表情というものだったそうで、様々な表情をした写真をそばに置いて、粘土で表現をしている活動のようです… 続きを読む プロジェクトのテーマに合わせた活動

本のある環境アイディア

「市販のおもちゃなんて要らない」の続きで、nido guastallaの内部になります。   子どもが世界を広げる、何かに気付く環境として、本があります。 本を置くということだけでも、様々な置き方が考えられます… 続きを読む 本のある環境アイディア

市販のおもちゃなんて要らない

レッジョアプローチでは、素材ならなんでもいいという考えではないようです。「nido guastallaの内部〜ガラスのキャンパス〜」の続きになります。 市販のおもちゃは、どこにもないのが特徴です。 市販のおもちゃは、家に… 続きを読む 市販のおもちゃなんて要らない

nido guastallaの内部〜ガラスのキャンパス〜

「nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜」の続きになります。 木とガラス張りの作りになっているので、ガラスも資源として、キャンパスとして活用されています。雑巾で水拭きをすれば、何度もで使えると… 続きを読む nido guastallaの内部〜ガラスのキャンパス〜

nido guastallaの内部〜午睡の部屋〜

  「nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜」の続きになります。 たぶん2歳児の午睡の部屋になります。それぞれの月齢で、午睡をするための部屋があるというのは、午睡のスイッチが入るし、… 続きを読む nido guastallaの内部〜午睡の部屋〜

nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜

「nido guastallaの内部〜0歳児の部屋〜」からの続きになります。 タイトルには3歳児と書きましたが、たぶん3歳児だと思いますにしておきます。   この風景は、他の保育園にはない光景ではないかと思いま… 続きを読む nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜