女子が覚醒剤を使用してしまう理由

女子は、思春期になると薬物を使う割合が増えてくるそうです。薬物に出会わなければ、薬物を使用することはないとは思いますが、薬物の代わりにアルコールになるかもしれませんし、リストカットになるかもしれません。

どうしてこのようなことが起こるのか、一例が載っていたのでご紹介します。

心理テストを使ってA子の内面を理解していったところ、「口数が少なくておとなしい」というのは、母親がつくり上げたA子像であることがわかってきた。実際は、この少女は母親そっくりな性格、すなわち非常に支配的な性格であることがわかった。

母親の前では自分本来の性格を出すことができず、シンナーを使うと、その本来の性格が出てくること、そして、それが非常に快感であることなどが理解された。

新版 Q&A 少年非行を知るための基礎知識――親・教師・公認心理師のためのガイドブック』(著者)村尾 泰弘 p.164

人は、本来の姿、性格で生きたいという本能があるのかもしれません。性同一性障害(あまり詳しくない中で例にあげます)も、心は女だから、女として生きたいという気持ちになるのではないかと思います。別人を演じることによって、社会に認められたとしても、本来の自分ではないので、自分を認めてくれているワケではない話になると考えられます。

薬物を摂取すると、そのストレスから解放されるために、本来の自分になれるというのが、主な理由になるのだと思います。

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です