「良い・悪い」で評価をしないことが非行を抑止できる

非行少年には、非行カウンセリングというプログラムが用意されているそうです。そのカウンセリングでは、カウンセラーが共通として意識していること、認識していることがあり、特に「受容」についての考え方が、一般的にも参考にできると… 続きを読む 「良い・悪い」で評価をしないことが非行を抑止できる

環境システムを変えない限り、非行を繰り返してしまう

個人的な自論としては、環境設定が教育には最も重要であると考えていました。 次の話で書かれている通り、以前の環境システムから、積極的に変えて行かない限り、非行少年の問題を克服することができないと述べられています。 少年院に… 続きを読む 環境システムを変えない限り、非行を繰り返してしまう

犯罪を抑止する機能を果たすための教育が必要

子どもは、親や、まわりの大人の背中を見て育つと言われていますが、犯罪行為をしている大人に育てられたら、犯罪行為をする子に育つのは自然な道理ではないかと思います。 要するに、非行にさせないためには、環境が重要であり、犯罪行… 続きを読む 犯罪を抑止する機能を果たすための教育が必要

親の影を肩代わりさせられて生きている子ども

中国や、韓国などの時代劇を見ていると、親が叶えられなかった夢を子どもが引き継ぐというシーンを見たことがあります。 子どもとしては、引き継ぐことが当然の如く、生きていきます。いまでは、後継として生きたくないと主張することが… 続きを読む 親の影を肩代わりさせられて生きている子ども

被害を受けて加害者になった受刑者の声

前回(再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある)では、加害者も被害者だったことから、罪を犯しても罪の意識が深まらないという話をしましたが、受刑者の実際の話があったので、ご紹介します。 被害者本人や被害者遺族は、身… 続きを読む 被害を受けて加害者になった受刑者の声

再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある

刑務所に入った人の中には、再犯をされる方も少なくないと聞きます(最近のデータは分からないのですが、分かったら記載します)。 魔が差してしまうことは、人間なので、あるとは思っています。ですが、それを繰り返してしまうというの… 続きを読む 再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある

成人の裁判所には、更生に向けての対応が必要であるかどうかを考えてくれる人がいない

未成年が犯罪行為をしてしまった場合には、成人とは異なる方法で裁かれます。現在では、裁判員裁判の制度もあり、裁判が少し身近な存在になりつつあります。 成人と未成年の違いは、判断能力の部分であったり、更生の対象ということだと… 続きを読む 成人の裁判所には、更生に向けての対応が必要であるかどうかを考えてくれる人がいない

世界で最も幸せな国のひとつ(だった)ブータンの価値観

以前は、ブータンという国が、世界で一番幸せと思っている国として騒がれましたが、2020年版「世界の幸福な国ランキング」日本は何位?でもあるように、現在では、北欧の国がランキング上位にあります。なぜ、ランキングに上がらなく… 続きを読む 世界で最も幸せな国のひとつ(だった)ブータンの価値観

マネーゲームから抜け出す方法

負け組になりたい人は誰もいないと思いますが、自分の年齢万円分の月収をもらっていることが勝ち組であると、誰かからか聞いたことがあります。人生の勝ち組かどうかは、世間的には、収入の金額を基準にしていることが、ここから読み取る… 続きを読む マネーゲームから抜け出す方法

恐るべきはお金ではなく、孤独

著者である本田健さんは、お金についての考え方で重要なことは、不安になったり、恐怖に感じてしまう気持ちは、お金が直接的に関係しているワケではないという話です。 あなたが怖れているのは、失敗したりお金をなくしたりする状況では… 続きを読む 恐るべきはお金ではなく、孤独