犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 心理学

パーソナル・プロジェクト(現在自分が取り組んでいる行動を思いつくままに列挙してみる編)

前回のつづきで、豊かな人生を送るための過程として、パーソナル・プロジェクトと挙げていきたいと思います。ルールは「優先順をつけたり、分析をしたりすることなく、現在自分が取り組んでいる行動を思いつくままに列挙していくのです。」に従って行います。

・目覚ましが鳴るまで目が覚めていても、もう一度目を瞑る

・目覚ましが鳴ったら、眠くても起きる(電車の中で寝ればいいと言い聞かせる)

・朝は猫がかまって欲しそうだけど、遅刻するからかまわない

・乗る電車の車両を少しずつズラして乗る

・電車の中では本を読む、眠くなったら読むのをやめる

・仕事は無で、何もないけど、生活(精神安定)のためにやっている

・仕事で残業になると、プライベートの時間が削られるのでストレスになる

・お昼は食べても食べなくてもいい

・職場での人間関係は、気になることだけをアプローチするようにする

・夕飯の食事は、なるべく作って、夫と一緒に食べる

・家の掃除は30分以内

・9時にはシャワー、家事、後片付けを終えるようにする

・1人の時間はひとつのことだけに集中して取り組む

・作業中は、無音だと集中できないので、適当な動画などを流す(動画の種類は外国語)

・カラダが固いとき、ストレスが溜まっているときはヨガをする

・23時には消灯

・土日は、なるべく外に出ること

・人と会うこと

優先度とかではなく、時系列で列挙してみました。この意図であっていると思っていますが、次回はこれに対しての評価をしていきたいと思います。評価をしたときに、間違えているということが分かるかもしれません。

次回に続きます。

心理学の最近記事

  1. 被害を受けて加害者になった受刑者の声

  2. 再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある

  3. 恐るべきはお金ではなく、孤独

  4. お金の価値観は、親の背中を見て学んでいる

  5. イライラするのは、お金に対する感情に振り回されているだけかもしれない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP