犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

ファスティングを成功させるコツ

前回の「確実に体重が落ちる間欠的ファスティング」を完遂する秘訣が載っていましたので、ご紹介します。

1.水を飲む:毎朝、まずいちばんにグラス1杯の水を飲むこと。

2.忙しくする:忙しくしていれば、食べ物のことを考えずにすむ。仕事で忙しい日をファスティングの日にあてると、うまくいくことが多い。

3.コーヒーを飲む:コーヒーには、食欲を少し抑制する効果がある。緑茶、紅茶、ボーンブロスなども有効だ。

4.波をやり過ごす:空腹感は波のようにやってくるので、常に空腹を感じるわけではない。空腹を感じたら、1杯、水やホットコーヒーをゆっくり飲んでみよう。飲み終わる頃には、空腹感は去っているはずだ。

5.周りに報告しない:ファスティングの利点を知らない人は、あなたのやる気をくじこうとするだろう。お互いを支え合う、結束の強い仲間に話すのはいいが、知り合いの誰でも彼でも話すのは、得策とはいえない。

6.1か月、続ける:体がファスティングに慣れるには時間がかかる。始めの数回は大変だろうから、そのつもりで。

勇気をもって取り組もう。そのうち楽にできるようになる。

7.「翌日」の食べ物に注意する:「間欠的ファスティングをしていれば何を食べてもいい」わけではない。ファスティングをしない日も、糖分や精製された炭水化物の摂取量を極力抑えた、栄養価の高い食事を心がけよう。

8.忘れる:ファスティングのあとは、ファスティングのことは忘れてしまおう。ファスティングなどしていなかったかのように、普段どおりの(7を踏まえた)食事をすること。

トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』ジェイソン・ファン(著) p.438

ファスティングの経験者であれば、わかるかもしれませんが、土日や、連休にこのファスティングを持ってきてしまうと、ファスティングに集中するあまりに、ストレスになってしまい、また平日に比べて忙しくない場合には、なんか食べたい!という欲求になってしまい、失敗するケースがあるのではないかと思います(私は、食べ物の摂取が、量も頻度も休日の方が食べてしまう傾向があります)。

あとは、このファスティングを1か月は続けるということであったり、ファスティング後の食べ物についての指南があるのは、嬉しいと思いました。栄養価の高い食事を中心にして、まったく炭水化物を摂取してはならないワケではないので、初めのうちは、まずはファスティングに慣れること、それから、食べるものに注意して、炭水化物の種類を制限するなどで、対応ができるのではないかと思います。

ファスティングと言えば、3日、5日と期間を決めて行い、そのあとは、回復食に入るという内容を見たことがあります。ですが、このファスティングは、断片的なものではなく、日常的に行う行為としての要素があるので、ストレスが少なくて済むのではないかと思われます。

ファスティングをしているからといって、社会生活、いつもの生活を制限してはならない。という注意書きがあります。

コツとしては、いつもの日常の中にファスティングがある事なのかもしれません。まずは、1か月やってみることで、分かることがあるかもしれません。

健康の最近記事

  1. 自分に戻るための場所を毎日つくる

  2. 自分らしくない行動をとった人間の末路

  3. 人間は自身の評価基準に当てはまらないことが発生すると不安を感じる

  4. ダイエット方法を組み合わせて効率的に痩せてみたい

  5. 自分の気持ちに自分で気が付く時間が瞑想

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP