犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

糖分のデザートを置き換える

砂糖そのものがカラダによくないので、なるべく抑えることが懸命なことであることは、誰が考えても思いつくことではないかと思います。

それが出来ないから苦労しているんですよね。ですが、カラダのためには、今よりも健康的になれるなら、なりたいのが人間の欲ではないかと思います。

あれも、これもを手にできるのが、理想です。

それを叶えるために、デザートの置き換えが提案されているので、ご紹介します。

「どれくらいなら砂糖を摂ってもいいか」という質問は、「タバコをどれくらい吸ってもいいか」という質問と同じだ。理想的には、添加された砂糖をまったく摂らないのがいちばんいい。

トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ』ジェイソン・ファン(著) p.368

今まで、デザートとして摂取していた甘いものを、次のような砂糖を使用していないものに変えることで、肥満から回避することができることが提案されています。

・新鮮な季節の果物

・ナッツ類

・チーズ

・ダークチョコレート

これは、よく言われているメニューではないかと思います。

ただこれを、続けることによって、砂糖を食べている時よりも、体調が良くなるし、痩せるのであれば、続けてみる価値はあるのではないかと思います。

メニューの中にある、ダークチョコレートって、砂糖使ってるじゃん?と思いましたが、このダークチョコレートには、インスリン抵抗性(参照:朝食を抜くだけで健康になれる説など、インスリン抵抗性で検索)を減らす効果があるとされているそうです。

砂糖はカラダに悪いと分かってしまうと、もう砂糖とは永遠の別れに感じてしまい、失ってから大切さに分かる、悲しい感覚に襲われてしまいますが、これから、もう2度とデザートを食べることができないと思っただけで、ストレスになってしまうので、クリスマスや、正月、誕生日などのイベント時などに食べる程度であれば、今までに比べれば、圧倒的に健康になれると考えられますし、その場を楽しむことで、ストレスを溜めることにもなりません。

健康の最近記事

  1. 自分に戻るための場所を毎日つくる

  2. 自分らしくない行動をとった人間の末路

  3. 人間は自身の評価基準に当てはまらないことが発生すると不安を感じる

  4. ダイエット方法を組み合わせて効率的に痩せてみたい

  5. 自分の気持ちに自分で気が付く時間が瞑想

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP