犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

機能性とデザインが揃ってこそ美しい

コロナの影響によって、経済環境も変わり、節約をしたり、購入する予定のモノを見直したり、無駄使いを辞めるようにするなどの努力は、誰しもが行っていることではないかと思います。

これからの商品の在り方としては、どのようなモノが求められるのかを考えるにあたり、以下の内容をご紹介します。

ワンストップショッピングを提供する大型総合量販店の不振に示唆されるように、今日、効率性や利便性といった「機能的価値」だけで消費者をひきつけることは難しい。支持されるのは、品揃えや店づくりなどで、売り手のセンスが感じられ、消費者の感性に訴えることができる店や、デザイン・スタイルに魅力がある商品である。

小が大を超えるマーケティングの法則』岩崎 邦彦 (著) p.59

機能的価値だけでは難しいかもしれませんが、デザインが美しく機能的でない場合には、それも購入には至らないのではないかと思います。

機能重視だったワークマンの商品にデザイン性がプラスされることで、売上を伸ばしたように、機能性とデザインが揃ってこそ美しさが生まれると個人的には思います。

本の最近記事

  1. 親の影を肩代わりさせられて生きている子ども

  2. 被害を受けて加害者になった受刑者の声

  3. 再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある

  4. 成人の裁判所には、更生に向けての対応が必要であるかどうかを考えてくれる人がいない

  5. 世界で最も幸せな国のひとつ(だった)ブータンの価値観

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP