犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 心理学

人間の行動は学習することで変えられる

人間の行動は、親や、身近な大人の背中を見て学習し、真似をすることから、人生は始まっていると思うことがあります。

心の病を治すための心理療法には、様々な種類がありますが、その中に行動療法と呼ばれる分類が存在します。

行動療法は、精神分析家のように患者の過去を徹底的に調べて「時間を無駄にする」ことなく、その名が示すとおり、人の現時点の行動を変えることを目的とする。「ほとんどの行動は、人生で学習を通じて身につけられる。したがって、望ましくない行動は、学習したことを捨てることによって解消でき、新たに望ましい行動を、学習することによって身につけられる」と言うのがおおよその理論だ。

『マンガ サイコセラピー入門―心理療法の全体像が見える 』ナイジェル・C.ベンソン(著),清水佳苗(監訳),大前泰彦(監訳) p.75

「犯罪は学習して身に付けられる」という記事を以前書いたことがありますが、身の回りにいる大人や、仲間が犯罪行為をしている場合には、その行為を学習し、同じように行動をとることができる。というシンプルな話です。

たとえば、この犯罪行動を治したい場合には、この学習した内容を捨てることによって行動を起こさなくなる。望ましいと思う行動を学習することによって、その行動をとることができるというものです。

例えば、おやつを毎日食べる人が、この行動をやめたいと思ったら、おやつを毎日食べる行動を捨ててしまえばいいという話です。望ましい行動と言ったら、運動でしょうか。運動をする行動を人から、いまでは動画などからでも学習することによって運動する行動をとることができます。

望ましい、望ましくないは、ご自身が望んでいる理想の方向でいいと思います。

お部屋のお片付けで「断捨離」がありますが、理想の自分に近くためには、行動の断捨離も時には必要かもしれません。

心理学の最近記事

  1. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

  2. 子ども部屋って必要?

  3. 人は信頼できるかを目で確認したい

  4. 叱る、怒るは、相手を見下し、話合うことを放棄した行動である

  5. ブレーキをかけすぎることで、可能性にブレーキをかけている

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP