犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

アイスランドってどんな国?(デス・ストランディング?)

アイスランドの気候を見ていると、PS4ゲームの「デス・ストランディング」の舞台ではないかと思ってしまう所が多くあります。

風が強かったり、雨が多かったり、山や草原しかないというのが、とても情景がかぶります。

この国の気候でもっとも苛烈な特徴は強風だろう。沿岸地域では1年中吹いている。そしてまた気候の変化が予見しにくい。北部では七月に雪嵐が吹く。降水量は地域によって差があるが、冬は国内のどこでも多い。

(中略)

北極圏のすぐ南に位置するため、「真夜中の太陽の国」のひとつでもある。夏には、空が完全に暗くなることはなく、晩春でもたそがれ時が長くつづく。一方で11月中旬から1月にかけては、太陽の光がさすのは午後1時ごろから3時ごろまでである。冬になるとオーロラの華麗ないとなみが、しばしば空を彩る。

『アイスランド (目で見る世界の国々)』 メアリー・M.ロジャース (著), Mary M.Rogers (原著), 後藤 安彦 (翻訳) p.17

オーロラと言えば、アラスカというのが思い浮かぶ(刷り込まれています)のですが、アイスランドでもよく見えるそうなので、オーロラを見たいと思ったら、耐えられるほどの寒さということもあるので、アイスランドでもいいかもしれません。

氷河におおわれている地域は、国の総面積のおよそ12%を占める。氷河は小さな円形の氷原から広大な氷床までさまざまだ。

『アイスランド (目で見る世界の国々)』 メアリー・M.ロジャース (著), Mary M.Rogers (原著), 後藤 安彦 (翻訳) p.15

アイスランドという名前の割には、国の総面積12%ほどということで、冬になると50%になるとか、そんなことも書かれてはいません。

初めて上陸した人が名前をつけたのか?そこがたまたま氷河だったのかもしれません。または、厳しい自然ということにアイスランドとつけているのか、まだ分かりません。

本の最近記事

  1. 顧客満足度100%を目指す

  2. 恩を返したくなるメカニズム

  3. サービス、商品の値段の決め方

  4. 同じ商品でも店舗によって違って見える

  5. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP