太陽は人間にとっても生命の源

地球と太陽の位置関係から、他の惑星にはいない生物が地球にはいて、その分類の中の1つに、人間が存在しています。どの惑星もそうですが、太陽の影響を受けることによって生きている生物は、太陽がなくてはならない関係になっているのは簡単に予想ができます。

人間から見たら、太陽はなくてはならない栄養なのだということです。

ハワイで行われた調査でも、半数近くの人が「ビタミンD不足」だったそうです。

最近の調査で、ビタミンDレベルが高い人は、各種のガンの発生率が2〜8割低下していることがわかり、乳がんのリスクも、太陽に皮膚を露出している女性ほどかなり低いとされています。不足すると心不全や脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、高血圧リスクが増大する、という研究結果も。

『100歳までサビない生き方 体の中からキレイになれる101の習慣』白澤卓二(p.211)

ハワイでの調査なのですから、日本ではどうなってしまうのでしょうか。日焼け止めだけではなく、お肌のためにUVカットできる服を着て、日傘もさします。これからは、「積極的に太陽に浴びよう!」というわけではないですが、外国人からしたら、異様な光景であることは間違いありません。

太陽は浴びすぎることも体に良くないので、サプリメントと同じような感覚で、摂り過ぎないように、時間を決めるなどして、美容のために太陽を浴びる機会をつくることが健康のためには必要な選択かもしれません。

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です