犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

自分に合う靴は、自分で調整して作り上げる必要がある

靴を買うときは、実際に履いてみないとサイズが合っているかどうか、歩きやすいかどうか知りたいので、必ず店舗に行きます。

購入する前に試しにお店で履いて、その時にはピッタリと思うのですが、履いていくと、靴ズレだったり、ブカブカになってきたり、逆にキツくなったりもします。

仕事から帰るときには、足が痛くて歩き方がおかしくなってしまい、膝だとか、腰が痛くなってしまうというような悪循環になってしまうことにストレスを感じています。

 

靴のことで悩んでいる人は、おそらく私だけではないと思い、私がずっと悩んでいた、私にピッタリの靴を見つけるヒントを見つけましたのでご紹介します。

 

足にピッタリ合った靴なら靴ずれはできません。少しだけ大きい靴は、インソールで調整することで靴ずれに悩まされる心配がなくなります。ぴったり合った靴なら、歩くときに皮膚と靴はぴったり合って一緒に動くので摩擦は起こりません。

いい靴ほどかかと部分はかたく、しっかりホールドするようになっているので、最初は少しすれて痛みます。かかとと靴の形が合っていればインソールで調整したり、履き慣らすことで靴ずれに悩まされなくなるでしょう。

(中略)

自分のかかとのカーブと違っている場合、靴ずれが生じます。この場合はインソールでの調整ができないので、プロに相談して調整してもらいましょう。

 

靴が合わなくなるので、結局ぺったんこの靴ばっかりになっていることが多かったのですが靴ずれは、ピッタリの靴だと起きると思っていましたが、そうではなかったようです。

ここから分かることは、まずは、自分のかかとのカーブと靴のカーブが合っているかどうかは重要なようです。

あとは、少しだけ大きい靴であるならば、インソールで調整をすることで、そのときの自分の足にピッタリの靴に調整をするということで、ストレスから解放されるようです。

足の浮腫などで、サイズが変わってしまうことを考えると、普段から浮腫を軽減できるように筋トレ、ストレッチをするのを仕事中でも心がけるのも必要かもしれません。

 

<参考文献>

痛い靴がラクに歩ける靴になる』(著者:靴は売らない靴屋 西村泰紀)(p.174)

 

<関連記事>

本当の健康はフードファディズムではない

自然の睡眠リズムに従って1日を効率的に過ごすストレスフリーな生活

体を動かすなら夕方から夜!社会人みんな健康になれる説

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP