犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

アイスランドの空気は世界一きれいでうまい

「アイスランド 」2019年度の治安がいちばん良い国アイスランドは世界でいちばんジェンダー格差のない国などで、アイスランドについてのご紹介しましたが、アイスランドは一体どんなところなのか知らなかったため、アイスランドについて、調べてみました。

 

実際に調べてみると、なかなかアイスランドについての情報は、多く出回っていなことが分かりました。貴重な本として、武田龍夫氏の『北欧を知るための43章』を見つけたので、いくつか気になった箇所をご紹介します。

 

シングビベリーの「ニコラスの裂け目」と呼ばれる溜まり水に銀貨でも投入するがよい。それはどこまでもキラキラと反転しながら沈んでゆく。アイスランドの川も湖も透明度は抜群なのだ。だからアイスランドには環境問題などない。当然空気は世界一きれいでうまいのだ。だが風景は殺伐としている。それはそうだ。いたるところに溶岩の丘稜(きゅうりょう:なだらかな起伏や小山(丘)の続く地形のことである Wikipediaより)や台地や洞窟ばかりなのだ。(p.191)

 

この本の出版が2001年3月になるので、この頃は、環境問題などないという感じだったのかもしれません。今もないのであれば、みんなアイスランドに住みたいと思うはずです。

オードリーの若林さんが、アイスランドに行って、絶景に感動したということをラジオで聞いたことがありますが、もっと詳しいことが知れないかと思いました。

この自然豊かという景色は、火山と海という環境の中に、人々が住みついたというような感じではないかと思いました。なので、自然の中に人々が溶け込むという感じで、人間が過ごしやすいように、環境を整えるのではないから、このようなほとんど、手付かずになったのではないかと推測しています。それか、環境を変えることができないくらい過酷なのかもしれません。

 

とにかくアイスランドの自然と風土は過酷である。レイキャビクの夏の平均温度は11.1度である(実感ではもう少し高い。しかし冬はメキシコ湾流の影響で平均マイナス2度くらいである)。ーにもかかわらず、いや恵まれない生活環境であるからこそ、団結心と愛国心と自立の精神は強い。文化の水準も高く、また読書好きの国民でもある。他の北欧兄弟国会と同じように民度の高い民主主義国家であり福祉国家なのだ。そしてそれを支えるのが世界的な水産業である。漁業こそアイスランドにとって死活の産業なのだ。(p.192)

 

アイスランドは過酷な環境になるので、植物も少ないと考えると、海産物しかないのではないかと想像できます。綺麗な海に住んでいる魚は、とっても美味しいのではないかと、想像することができます。生協のパルシステムには、ししゃもがあるのですが、それがアイスランド産なんだと思ったことはあります。

過酷な環境で生活をしているということもあり、団結力がないと生きていけないということも想像ができます。自立の精神というのは、身を守るのは、自分しかいないからではないか、しっかりしないといけないという気持ちがないと、アイスランドになんて住めないのではないかと思います。ここに愛国心があるというのは、素敵なことだなと思いました。

漁業によって、福祉国家になっているというのは、住んでいる人にとっては、何かあった時でも、保険になるので、ずっとアイスランドにいたいと思うのかもしれません。

 

最後にアイスランドの国旗だが、青色地に白いふちをもつ赤い十字である。青と白はアイスランドの伝統的な色彩とされてきたものであり、白いふちの赤い十字はノルウェーとの結びつきを強調したものである。国歌は愛国の情あふれるもので、M・ヨチャムセンの作詞にS・スベイン・ビョルンソンが曲をつけたものである。

アイスランドの国の歴史が分かりませんが、ここからノルウェーとの結びつきがあるということは分かります。他にも分かりましたら(興味深いことがあれば)、記事にしたいと思います。

 

<関連記事>

アイスランドは世界でいちばんジェンダー格差のない国

「アイスランド 」2019年度の治安がいちばん良い国

生命の源である「水」問題は、いちばん どうにかしないといけない

本の最近記事

  1. 犯罪を抑止する機能を果たすための教育が必要

  2. 親の影を肩代わりさせられて生きている子ども

  3. 被害を受けて加害者になった受刑者の声

  4. 再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある

  5. 成人の裁判所には、更生に向けての対応が必要であるかどうかを考えてくれる人がいない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP