犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

アイスランドは世界でいちばんジェンダー格差のない国

『ELLE』(2019年4月26日発売)の特集で「GENDER REPORT」をやっていました。そこで、アイスランドの話題が出ていたので、ご紹介します。

 

世界経済フォーラムでは2006年から経済・教育・健康・政治の4分野で世界の男女格差を指数化し順位を公表。2018年の日本の順位はこちら(110位※G7の中で一番低い順位)。ちなみに、5位のニカラグアは’06年の62位からここまで上昇。その年日本は79位だった(115か国中)。

 

世界のジェンダーギャップ指数

1位 アイスランド

2位 ノルウェー

3位 スウェーデン

5位 ニカラグア

8位 フィリピン

12位 フランス

15位 イギリス

51位 アメリカ

103位 中国

110位 日本

 

日本では、特に政治・経済分野に男女格差が。

経済分野117位 収入での男女格差が大きい

政治分野125位 女性の国会議員が少ない

日本は、ジェンダー格差社会であるという説明の記事なのですが、前回では「「アイスランド 」2019年度の治安がいちばん良い国」であるという紹介をしましたが、経済・教育・健康・政治の面から見て、アイスランドが、ジェンダー格差のない国であるというのは、ますます興味が湧いてきました。

ジェンダー格差がいちばんない国とされているということは、男性が女性に対しての優越感がなくても、社会が回っているということではないだろうかと思いました。

その上、犯罪がいちばん少ない国なのですから、これは、幸福な国なのではないかと思いました。アイスランドの文化、習慣、郷土料理、生活風景、仕事風景、町の様子など、調べてみたいと思います。

 

<関連記事>

「アイスランド 」2019年度の治安がいちばん良い国

女性を守るためには、男性への教育が必要だと思う

男女差別が抜けない家事の分担

本の最近記事

  1. 顧客満足度100%を目指す

  2. 恩を返したくなるメカニズム

  3. サービス、商品の値段の決め方

  4. 同じ商品でも店舗によって違って見える

  5. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP