犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

アイスランドは世界でいちばんジェンダー格差のない国

『ELLE』(2019年4月26日発売)の特集で「GENDER REPORT」をやっていました。そこで、アイスランドの話題が出ていたので、ご紹介します。

 

世界経済フォーラムでは2006年から経済・教育・健康・政治の4分野で世界の男女格差を指数化し順位を公表。2018年の日本の順位はこちら(110位※G7の中で一番低い順位)。ちなみに、5位のニカラグアは’06年の62位からここまで上昇。その年日本は79位だった(115か国中)。

 

世界のジェンダーギャップ指数

1位 アイスランド

2位 ノルウェー

3位 スウェーデン

5位 ニカラグア

8位 フィリピン

12位 フランス

15位 イギリス

51位 アメリカ

103位 中国

110位 日本

 

日本では、特に政治・経済分野に男女格差が。

経済分野117位 収入での男女格差が大きい

政治分野125位 女性の国会議員が少ない

日本は、ジェンダー格差社会であるという説明の記事なのですが、前回では「「アイスランド 」2019年度の治安がいちばん良い国」であるという紹介をしましたが、経済・教育・健康・政治の面から見て、アイスランドが、ジェンダー格差のない国であるというのは、ますます興味が湧いてきました。

ジェンダー格差がいちばんない国とされているということは、男性が女性に対しての優越感がなくても、社会が回っているということではないだろうかと思いました。

その上、犯罪がいちばん少ない国なのですから、これは、幸福な国なのではないかと思いました。アイスランドの文化、習慣、郷土料理、生活風景、仕事風景、町の様子など、調べてみたいと思います。

 

<関連記事>

「アイスランド 」2019年度の治安がいちばん良い国

女性を守るためには、男性への教育が必要だと思う

男女差別が抜けない家事の分担

本の最近記事

  1. 犯罪を抑止する機能を果たすための教育が必要

  2. 親の影を肩代わりさせられて生きている子ども

  3. 被害を受けて加害者になった受刑者の声

  4. 再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある

  5. 成人の裁判所には、更生に向けての対応が必要であるかどうかを考えてくれる人がいない

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP