犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. インテリア

真っ白な壁紙に背の高い植物を密集させるとミスマッチになる

『& Premium』2020 MAR「暮らしを楽しむ部屋に、整える。」インテリア特集の中に興味深いことがありましたので、ご紹介します。

「有機的なものとアートを混ぜ合わせて。」という内容では、そのタイトルの通り、有機物である植物と、絵画などのアート作品を組み合わせている部屋が紹介されていました。

この組み合わせは、大賛成なのですが、紹介されていたお部屋には違和感がありました。

絵画と植物の一体感がほとんどなく、別々に存在している感じでした。

おそらく、植物の配置も重要ではないかと考えました。

 

植物の配置で失敗してしまう例をあげてみました。

1)背の高い植物が多いこと、密集させてしまうこと

2)同じ色の植物しか置かないこと

3)植物が邪魔で絵画が見えないこと

 

背が高い植物が多く、密集してしまうことで、ジャングル?ジャングルであれば、素敵なのですが、ジャングルにもなっていない理由としては、壁紙が白いからであると思いました。

柄物であったり、何かしらの色が入っている壁であれば、まだマッチするのではないかと思いましたが、白である限りは、違和感が生まれてしまうという考えに至りました。

同じ色の植物というのは、葉っぱの厚さ、同じトーンの場合、短調になってしまい、うるさいだけになってしまっているのだと考えました。

絵画を飾っているのですが、植物が邪魔をして絵画を楽しむことができなければ、共存している、相乗効果も期待できないと思いました。

 

かなり厳しめの内容になってしまいましたが、個人的な違和感は大切にしていきたいと思っていますし、その違和感から分かることもあると思っています。

この出会いに感謝したい限りです。

 

<関連記事>

窓の近くにテーブルを置く

くつろぎスペースは、床部分に重心を向ける

濃いブラウンとホワイトは合わない

インテリアの最近記事

  1. 居心地のよい空間は人それぞれ異なる

  2. 階段に本棚をつくり、そこで本を楽しむ空間にしてしまう

  3. 殺風景な空間は、個性的な照明を置くだけで印象的なお部屋になる

  4. 真っ白な壁紙に背の高い植物を密集させるとミスマッチになる

  5. 心地よい職場環境の提案

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP