犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

日本は、あいさつが出来て当たり前の国

前回の記事(あいさつは企業の武器になるか?)からの続き「人的コミュニケーション」について紹介します(『小さな会社のためのマーケティングの教科書だ!』のp.187)。

フレンドリー・サービスは、あって当たり前ということで、前回は終わりましたが、この出来て当たり前ということが、実際には出来ていないというのが、現状である企業も多いのではないかと思います。

教育が行き届いていないというのもありますが、私が利用させてもらっているコンビニでは、外国人が2名はいて、時間帯で交代するようなのですが、どうしても、外国人の方の対応が悪いと思ってしまいます。

不慣れとかではなく、態度が悪いのです。その時間帯は、外国人しかいないため、母国語でレジの対応中も隣の外国人従業員と話しをしていたり、いらっしゃいませもなく、ありがとうございましたも、もちろんありません。

日本人としては、それが当たり前のように過ごしてきてしまったこともあり、それが無い環境になったら(海外にいるなら、これが普通かと思うのですが、日本でこの環境になると、深刻だなと思いました)、コミュニケーションって大事だな!と思いました。

外国人が悪いと言っているワケではないので、そこはご理解いただければと思います。日本人であっても、出来ていない方はいますので。企業側の教育の仕方であるとも思います。

 

あたりまえだからこそ、逆に、損なわれやすいのかもしれない。調査に寄せられた消費者の声をみてみよう。

「無愛想」

「あいさつをしない」

「偉そうにものを言う」

「私語が多い」

「スタッフに専門知識が足りない」

(中略)

一見、あたりまえにみえることを継続し、徹底することがチカラになる。小さな企業は、「人的コミュニケーション」をあらためて見直すとともに、そのチカラを強化していくことが不可欠である。

 

個人的には、まったくその通りであると、賛成の意見です。

 

 

<参考書籍>

小が大を超えるマーケティングの法則

※サブタイトルが、小さな会社のためのマーケティングの教科書だ!になります。

 

<関連記事>

あいさつは企業の武器になるか?

コンサルティングが求められる理由

一杯のコーヒーに求めるもの(コーヒーの価値)

 

本の最近記事

  1. 逸脱行動が都市部の下層階層の男子に多い理由

  2. そう簡単に自分は変わらない

  3. 「良い・悪い」で評価をしないことが非行を抑止できる

  4. 環境システムを変えない限り、非行を繰り返してしまう

  5. 犯罪を抑止する機能を果たすための教育が必要

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP