犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. レポート

未来の自分を表すコーディネート

つい先日、会社内でのイメージコンサルティングの研修の機会がありました。

内容としては、第一印象が重要であるということでした。

私個人としては、ファッションはこだわってしまうと、お金が続かないので、丈夫で清潔、飽きのこないシンプルな服装になってしまっています。

この服装から、個性を感じとるとしたら、「節約をしたい人」ではないかと思います。そんな中でも、配色などで個性を出すことができますが、だいたい、お金をかけたくない人は、グレーや、紺色、白、黒など、無難な配色であれば、コーディネートも楽になるので、個性もなにもないと言われてしまえば、仕方がありません。

 

イメージコンサルティング的には、自分の内面、また、顔診断、パーソナルカラー、骨格診断を考慮して、その人らしい魅力に合った服装をすることが、第一印象も結果的にプラスになるということが言いたいのです。

次服を買うとき、買おうと思っていたラインナップの中から、自分にとって、最大限に魅力が出せる服を選ぶことで、プラスになるとは思いました。

 

第一印象で、どう思われたいか?から、理想の装いが見えてくることもあります。清潔感、信頼感、説得力など、色が与えてくれるイメージを、服装で使うことで、効果を発揮することもあるのだそうです。

また、その人らしい魅力を表に出すということだけではなく、なりたい自分があったら、無理のない方法で、そこに近づけていくこともでき、また、5年後の自分の格好(要するに、将来なりたい自分像)を今することによって、今からそっちの方向に向かうことができるという方法もありました。

現在の自分を表すのではなく、未来の自分を表すという考え方自体が面白いと思いました。自分を意図的に持っていくというが出来るのであれば、やってみたくなりますよね。

興味がありましたら、試してみて下さい。

 

<関連記事>

時代に合わせて適応させていくのは人間のアイディア次第

幸福の考え方

現在のライフスタイルが本当に理想のカタチなのか考える必要がある

レポートの最近記事

  1. 未来の自分を表すコーディネート

  2. 年俸だけが、夢ではない

  3. 渋谷のアーティストを支援する街へ

  4. ファスティング後の回復期

  5. 自炊をするという自己投資

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP