犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 未分類

濃いブラウンとホワイトは合わない

インテリア雑誌をパラパラと見ていて、何か合わないなと思った色の組み合わせがありました。

真っ白な壁と、深い色味のブラウンの家具との相性が、個人的には合わないと思いました。カフェ・オレだと美味しそうと思うのですが、面積の問題があるのかもしれません(濃いブラウンなので、明確には違います)。

そのインテリア雑誌の見せ方としては、この2色しかなかったことではないかと思います。

ベースとなる色味を、2色にして、その2色でまとめることで、まとまりが出てくると思いますが、ここまで、ハッキリと同じ色で分けてしまうのは、むしろ落ち着かなくなってしまうのかもしれません。

ベースの2色というのは、系統を揃えるということである必要があるのかもしれません。

ここに、他の色(たとえば、観葉植物の緑色など)があれば、もう少し良かったのかもしれませんが、濃いブラウンよりも、真っ黒の方が、相性的には良いのかもしれません。

ブラウンの同じ系統ということで、ベージュを入れても良かったかもしれません。

真っ白というのが、人間の視覚的に不自然さを招いたのかもしれません。

何か法則を見つけたら、お伝えします。

 

<関連記事>

部屋が寂しいと感じたら、観葉植物、絵画、置物などを置く

人間は単調であることで精神が落ち着き、単調であることで退屈になってしまう

日本にもっとカラーを

未分類の最近記事

  1. 母の日に、母が好きだったものを贈りたい

  2. 事実、ギャンブル依存症は未成年にも存在している

  3. 濃いブラウンとホワイトは合わない

  4. 部屋が寂しいと感じたら、観葉植物、絵画、置物などを置く

  5. 間仕切りを本棚にする

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP