犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

週に2回とかだと、習慣にならない問題

食べないと損した気分になるから、お腹空いてないのに、食べてしまう病」を書いた際に、もうひとつ思ったことがありました。

ファスティングは、月に1回できたらと思っていましたが、ファスティングの最中はストレスフリーではあるものの、ファスティングの前後がかなりストレスがかかります。

個人的には、月に1回という頻度にすることが、ストレスを生んでいるのではと思います。得るものは大きいので、やったことがない方は、一度試して欲しいとは思います。ですので、前回の記事で述べた、精神が安定している状態で毎日を過ごしたいという願望を叶えるには、習慣にしなければならないと思いました。

例えば、筋トレは、週に2〜3回がいいと言われていますが、私の場合は、休みが入ってしまうとダラけてしまうのか、リズムが崩れてしまうのかで、うまく続かないことが多いです。毎日行う方が、習慣になりやすいと思いました。でも、これは、個人的な見解ですので、みなさまはそれぞれ、試して合う方法を探してもらえたらと思います。

ファスティングを毎日行うというのは、絶対に無理な話ですし、現実的ではありません。オートファジーが続いてしまい(自分の体を自分で食べてしまい)新鮮な細胞ではないのは、私が目指しているものではないので、長期間のファスティングは違うのではと思っています。

プチ断食と言われている方法があり、それであれば、毎日の習慣として実践できるのではと思いました。

方法としては、食事は1日、8時間の間におさめるというルールです。ただそれだけです。できるかできないか、どんな感じになるのか試してみます。

 

<関連記事>

食べないと損した気分になるから、お腹空いてないのに、食べてしまう病

5日間のファスティング

楽しもうと行動すると、それが自分にとって楽しいことなのか分かってくる

習慣にできない法則

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP