犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. インテリア

イタリア(レッジョ・エミリア)では、色ごとに整理整頓をしていましたよ

前回(人間は単調であることで精神が落ち着き、単調であることで退屈になってしまう)は、単調すぎると退屈になってしまうという、人間のわがままを考える収納を考えましたが。イタリア(レッジョ・エミリアにしか行ったことがないので、他のイタリアは分かりません)に行った際に、特長的な収納をしていたので、ご紹介します。

タイトルにも書きましたが、「色ごと」に整理整頓がされているということです。

色の規則というのは、グラデーションを意識しているので、同じ系統の色でも、濃い薄いで順番が決められていました。

見かけた場所は、レミダ(「レミダ」という廃材マテリアル置き場)と、広場に突如現れる市場です。

収納されていたモノは、本(背表紙の色)、服です。他のものでもできると思いますが、全てのものをこの規則で収納すると、むしろ居心地が悪くなるのではないかと思っています。

この規則を使用する場合の注意点ですが、本であったり、服であったり、揃えたいものが揃っている方がキレイに見えると思います。

グラデーションを使用するのは、収納だけではなく、部屋の壁紙の色、クッション、部屋のテーマ色そのものをグラデーションの対象にして、他の部屋を、少しずつグラデーションにしていくということも可能です。

このグラデーションの規則性は、規則が生まれているので、精神を安定してくれる効果があると思います。

イタリアのファッションは、色を使うことが特長であると聞いたことがありますが、こういったところに、垣間見れたのかもしれません。

イタリアに行くと感じることは、光(太陽)が強いことだと思います。

色は、光によって生み出されますので、この光が強いということだけで、色への意識も変わってくるので、それが表現の仕方にも現れているのではないかと、肌で感じました。

日本は湿気が多いことで、光の反射が多く、見え方も変わってくると思います。土地が本来持っている色など、影響されて、今の形になっているのだと思うと、いろいろな場所に行くことは、自身の感覚を追加していく行為なのではないかと思います。

話がかなり脱線しましたが、その国ごとで、収納の仕方も変わってくるというのが、言いたかったのです。

 

<関連記事>

「レミダ」という廃材マテリアル置き場

ベースの配色を2色にしてみる

整理整頓、掃除をするだけで、精神が安定する説

 

インテリアの最近記事

  1. 居心地のよい空間は人それぞれ異なる

  2. 階段に本棚をつくり、そこで本を楽しむ空間にしてしまう

  3. 殺風景な空間は、個性的な照明を置くだけで印象的なお部屋になる

  4. 真っ白な壁紙に背の高い植物を密集させるとミスマッチになる

  5. 心地よい職場環境の提案

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP