犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. インテリア

扉を変えるだけで空間を広く見せる

狭い空間の中で、生活しやすいように、さまざまな工夫をしていくことが、暮らしをデザインすることではないかと思っていますが、初めからの規格で、収納場所が限られている場合があります。

また、別で収納場所を設けないといけない、という事態にもなります。収納場所を別で設けることで、使い勝手がよく、暮らしやすくなるのであれば、いいのですが、生活空間が狭くなってしまうというデメリットがあります。

 

収納のことについて、いろいろ考えてしまいますが、そもそも、規格の収納場所もなければ、もっと広く使うことができるのにと思いませんか。

 

そこで思ったのは、規格の収納部分の扉を、柵状のデザインに変えてみるということです。

 

仕切りとしての役割にもなり、収納している荷物を目隠しする機能も担っています。柵状にすることによって、圧迫感が緩和されるので、人の目から見て、視覚的に空間が広く感じることができます。

実際の面積は広くなっていないのですが、視覚的に広くなっていることで、感覚的に広くなっていると錯覚することになります。

 

半分透けているようになるので、収納している部分も、整理整頓ができていないと、キレイに見えないので、柵状の扉にすることにより、隠していたモノが、隠れていないことになり、自然とキレイにしなければという意識が芽生えます。

本当に隠したいモノは、箱の中に入れて下さい。

整理整頓の方法は「等間隔の簡単収納ルール」をご覧ください。

 

<関連記事>

最小限の電力で生活することは可能

寝室のベッドをリビングのソファとして併用する

デッドスペースの使い方

インテリアの最近記事

  1. 階段に本棚をつくり、そこで本を楽しむ空間にしてしまう

  2. 殺風景な空間は、個性的な照明を置くだけで印象的なお部屋になる

  3. 真っ白な壁紙に背の高い植物を密集させるとミスマッチになる

  4. 心地よい職場環境の提案

  5. 窓の近くにテーブルを置く

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP