犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 未分類

寝室のベッドをリビングのソファとして併用する

うちは、2部屋(バストイレ、キッチンを除く)で、2人暮らしをしています。引っ越しをしたいとずっと思っていますが、いい条件の物件がなかなか見つからず、今よりもいい生活ができるかというと、できないという判断で、引っ越しをずっとできていません。

どうして引っ越しをしたいのかという理由ですが、「環境が悪い」「湿気でカビる」「狭い」などです。この環境というのは、周りの環境になるので、私たちが変えることはできません。湿気でカビてしまう、塗装が剥がれてしまうなど、除湿機を置いていますが、2部屋それぞれに置くことは、設備費、維持費と、かなりコストがかかるということ。狭いことについては、もう1部屋あればいいなと思っています。また、ここで、子どもを産むことは絶対に難しいとは思っています。

いい部屋があればと思っていますが、なかなか見つからないので、今の生活を充実させていきたいという気持ちに変わってきました。なので、狭い空間でも豊かな暮らしをおくるということが、個人的なテーマとなっています。

 

前置きは、ここまでとしまして、うちの間取りは、2部屋で、1部屋は寝室、1部屋は夫の部屋となっています。私の部屋が欲しいという文句はあります。なので、寝室を私の部屋にしてしまおう作戦です。

ベッドがセンターに置いてあり、これからこのベッドは、セミダブルから、ダブルのサイズにする予定で、ソファも廃棄します。そうすると、もっとスペースが狭くなってしまい、くつろぎのソファもなくなってしまいます。

なので、このベッドをソファーとしても使えるようにすることを考えました。

ソファベッドという商品が、既にありますが、寝心地を重視すると、やっぱり、満足のいくベッドを購入して、それからソファにする方が、合理的です。

また、ダブルベッドの方法は、まだ考え中ですが、シングルを2つ購入するか、つながったマットレスで購入するか、悩んでいます。どうしても、入り口の大きさで部屋に入らない可能性があるというのも、考慮しています。

このダブルベッドに冬場であれば、毛布、掛け布団と、モコモコになってしまいます。モコモコでない夏場との差がありますが、これらを、いちいち丸めたりして、寛げるようにメイクすることは、おそらく私は続かないだろうと思っています。なので、ベッドカバーをすることで、簡単に、そして、視覚的にも、ベッドとソファの切り替えができるので、今のところベストなアイデアではないかと思っています。

ベッドカバーをして、その上から5〜6個ほどのクッションをおけば、完全にソファとして寛げるのではないかと思います。

個人的には、ベッドのままでソファとして使用するということも出来るとは思いますが、なんとなく切り替えをすることで、自身の意識のスイッチが切り替わることになると思うので、寝るときは寝る。くつろぐときは、くつろぐという、その時を満足して十分に過ごせるのではないかと思っています。

 

<関連記事>

デッドスペースの使い方

バスグッズを吊るす収納

豊かな暮らしをおくるヒント

未分類の最近記事

  1. 母の日に、母が好きだったものを贈りたい

  2. 事実、ギャンブル依存症は未成年にも存在している

  3. 濃いブラウンとホワイトは合わない

  4. 部屋が寂しいと感じたら、観葉植物、絵画、置物などを置く

  5. 間仕切りを本棚にする

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP