犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. インテリア

バスグッズを吊るす収納

以前「キッチン収納の提案」で、キッチン道具を吊るすという提案をしましたが、他にも、吊るして収納したらいい、という場所はたくさんあるということに気が付きました。

 

日本は、スペースが限られているので、天井(壁)を有効活用するのが、個人的には、ベストではないかという結論に達しています。

他にも、吊るした方がいいというグッズを探してみると、バスグッズが最適であると思いました。

 

いちばん最適だと思うのは、「バスタオル」です。うちでは、バスタオルは1週間に1度しか洗いません。実家にいた時には、毎日変えていましたが(恥ずかしながら、20代後半までそれが当たり前だと思っていました)、自宅では、洗濯が大変であるということがあり1週間に1度になっています。

同じような方は、タオルを吊るして乾かしながら使用していると思います。うちでは、その吊るす場所が、洗濯物を干している場所と同じです。それが、個人的には、いつもイライラしていました。今でもです。

タオルは場所を取るというのも、ストレスの原因なのですが、これを、バスルームではなく、バスルームの近くに、突っ張り棒で(もともと、引っ掛けることができる紐がついているバスタオルをSフックなどで)吊るして干しておいたら、コンパクトに収納することができます。重なる部分ができてしまうので、乾かないんじゃないか、また、臭くなるのではないか?というところが気になるところですが、扇風機をあてれば、対策はできるとは思っています。

 

バスタオルだけではなく、フェイスタオルも吊るしておけば、共有ではなく、それぞれを準備することができ、衛生的でもあります。

それも、同じ場所に吊るしておいて、扇風機にあてておけば、安心です。

 

私は使用していませんが、バスローブを着る方も、同じ場所に吊るしておけば、合理的です。

吊るす収納で、もっと合理的に、見た目も美しく暮らしをおくれたら、幸せを感じるだろうなと思いました。

 

<関連記事>

キッチン収納の提案

豊かな暮らしをおくるヒント

部屋のデザインも本能に従ってみる

インテリアの最近記事

  1. 階段に本棚をつくり、そこで本を楽しむ空間にしてしまう

  2. 殺風景な空間は、個性的な照明を置くだけで印象的なお部屋になる

  3. 真っ白な壁紙に背の高い植物を密集させるとミスマッチになる

  4. 心地よい職場環境の提案

  5. 窓の近くにテーブルを置く

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP