犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

左脳機能低下によって起こる問題

右脳機能低下によって起こる問題と、左脳機能低下によって起こる問題」の続きになります。右脳機能低下についてはご紹介しましたが、左脳機能低下についても、松ちゃんさんの動画(ADHD・自閉症・アスペルガーは食事を改善することで治せる?)から、ご紹介させていただきます。

 

右脳が「感覚」に対して、左脳は「理論」になるそうです。

物事に対して詳細に分析をしていくのが左脳なのだそうです。

また、靴紐を結ぶ、ピアノを弾く、口を動かして喋るなどの細かい動作の制御、また、「読む」「書く」「喋る」「言葉の意味の解釈」などの言語に関することも左脳になるそうです。

面白いことに、特定の目標を設定した行動を好んで、斬新なことを嫌う傾向があるのだそうです。脳にも傾向があるというのは、なんだか面白い話です。体の中にあるが、個人の思考は脳の傾向も考えると、脳に従っているだけということも考えられるのかもしれないと思うと、個性ってなんなんだろうと興味が湧いてきます。ここでは、このことについては考えませんが、なにかの機会があれば、紹介したいと思います。

話を戻します。バランスが悪くなると以下のような症状が出るそうです。

失読症、摂食障害、処理障害、中枢聴覚処理障害、統合運動障害、書字障害、学習障害、言語障害、読書障害、計算障害

脳についての話ですが、この左脳は、「言語」について司っているので、学習をするにも、この言語が伴っていないと、学習障害になるのではないかとハッとしました。言葉の意味が分かることも、重要な学習ですが、コミュニケーションが取れないことにもつながってきます。この障害は、生きていく上では、かなりのハンデになるということがわかります。

 

左脳の機能低下で見られる子どもの傾向は、引っ込み思案で内気なことから、外で友だちと過ごすよりも、家の中で過ごすことを好む傾向があるそうです。

また、表情は不機嫌で、悲しげに見えるのだそうです。大人になってから鬱病になる場合にも、この左脳の機能低下によって引き起こるのだそうです。

言葉が苦手ということもあり、話始めるのは遅くなり、言いたいことをいうのに苦労する傾向があるそうです。

また、「だ」「が」の音の違いを明確に理解することができないために、学習能力、会話理解力が低下してしまうのだそうです。

 

ですが、運動神経がよく、社交性スキルが高いので、上手に人の気持ちを読む、空気を読むことができるため、引っ込み思案を乗り越えると、人気者になる場合があるそうなのです。話すのは苦手だが、人の気持ち、場の空気を読むということが、社会の中で生きていくには、とても重要であることが分かります。

自分自身の感覚に敏感であるために、人からどのように見えるのかとても気にし、他人を喜ばせたい気持ちが強い。また、自分の感情に圧倒されやすいため、羞恥心、罪悪感が強く出てしまい、自傷行為、摂食障害になりやすい傾向があるのだそうです。

鬱病になってしまう方は、確かに人からどのように見えるのかを気にするから、この症状になるのだとも思います。

 

病気になりやすい傾向があるが、生まれてすぐに、手のかかるような問題はないのも特徴と言えます。

社交スキルがあるために、学校の先生からは、能力はあるのに、努力しない子と思われてしまうこともあるそうです。だいたい小学校4年生くらいで、学業に対しての問題児になるのだそうです。教育者こそ、こういった症状を理解していなければ、子どもたちに対して、適切な声かけをすることも、親御さまにお話をすることもできないのではないかと思います。

本人はやる気があるのに、できないということが、こいうった症状もあるのだと、頭に入れておくだけで、子どもの未来が方向が大きく変わっていくと思います。その未来は、もちろん、子どものための最善の未来です。

 

そして、社交スキルが高いことで、社会的に自分を見たら、勉強のできない落ちこぼれとなるので、人からどのように見えるのか気になるため、ひどく傷付いてしまい、自暴自棄に追い込んでしまいます。

 

おそらくは、ここから、引きこもりになってしまったり、自傷行為、鬱状態などになってしまう可能性があります。

この左脳機能低下を見抜くのは、言語能力にあるそうです。本人が傷付いてしまう前に、食事療法で少しでも治る可能性があるのなら、やって欲しいと思います。

コンビニ弁当や、スーパーの惣菜や、外食、冷凍食品などの食事をやめて、自炊するだけでも違うと思います。そして、お子様だけではなく、親御さま自身の身体にも変化が現れるので、家族のために意識して、変えてみていただきたいと、切に思います。

※左脳機能低下を治す方法は関連記事を参照して下さい。

 

松ちゃんさんの動画(ADHD・自閉症・アスペルガーは食事を改善することで治せる?

<関連記事>

右脳機能低下によって起こる問題と、左脳機能低下によって起こる問題

ADHD・自閉症・アスペルガーは食事を改善することで治せる?

お前が悪い!とお子様に言っていませんか?

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP