犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. レポート

自炊をするという自己投資

仕事をしながら、自炊をするのは、結構たいへんな事であると、個人的には思います。だから、コンビニでカット野菜や、惣菜、パルシステム、Oisixなどの宅配にも、材料になる食材がカットしてあって、もう炒めるだけなどのキットがあったりするのだと思います。あとは、土日で、1週間分の作り置きをしておくなどですかね。それはそれで、大変です。

本当に便利なモノが世の中にはありますが、成分表示を見てみると、ほとんど添加物が入っています。これは、本当の話です。

添加物がざっくりと、身体に悪いということは、みなさんが認識していることだと思いますが、この添加物は、着実に、私たちの身体に入り、癌の原因(※1)となっていると知ったら、それでも、添加物を摂取し続ける選択をしますでしょうか。

時間がないから、忙しいから、時短したいから、という理由で、自身の身体を犠牲にしていいと選択する人はいますでしょうか。

もっと言いますと、外食先でも、添加物がおおく含まれています。例えば、個人経営で、素材にこだわって、自家製であれば、安心していただけるかもしれません。

私たちの身体は、いま食べている食で身体が出来ていることになりますので、外的なストレスは別にして、食べ物に含まれている添加物を止めるだけで、癌になるリスクを大きく減らすことができるということになります。

自分の身は、自分で守らなければ、誰も責任を持ってくれません。

外食も、惣菜も、コンビニもダメであれば、自炊するしかありません。

時間を奪われてしまうかもしれませんが、この自炊をするということは、将来的には、病気になるリスクを大きく減らすので、重大な自己投資と言えると思います。

声を大にして言います!みんなで自炊をしましょう!!

 

※1:コンビニの唐揚げを食べてはいけない驚愕の理由

ガン・ADHDの原因? タール色素の不合理なリスク! その色本当に必要?

レポートの最近記事

  1. 未来の自分を表すコーディネート

  2. 年俸だけが、夢ではない

  3. 渋谷のアーティストを支援する街へ

  4. ファスティング後の回復期

  5. 自炊をするという自己投資

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP