犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. レポート

5日間のファスティング

一度やってみたかったファスティング(断食)をやってみました。

実は、試験的に2日間やったことがあるのですが、2日目の終わりになる夜中3時ごろに、急に動悸が始まり、ファスティングのせいか?と思ったのですが、ノロウィルスでした。1回目のファスティングはこうして失敗に終わりましたが、いつかリベンジをしたいとずっと思っていました。

よく、ファスティングと言えば、病院の施設で行ったりするのを、TVや、動画でも見かけますが、普通の人は、そんな施設に行く時間なんてありません。GWや、年末年始くらいではないでしょうか。せっかくの休みが断食で終わるなんて悲しすぎます。

 

普段の生活でファスティングを挑戦できないか調べたところ、断食メガネ田中さん(「酵素ファスティングの正しいやり方」この他にYouTubeもあります。概要は動画で、詳細はブログだと、見やすかったです。)のやり方が、日常生活を変えることなく、試すことができるので、無理なく実行できると思ったので、このやり方で、やってみました。

メガネ田中さんの方法は、まず、ファスティングの1週間の準備期間が必要ということで、スケジュールを立てました。

12月27日が会社の忘年会となり、お酒もご飯の食べないといけないので、この日がチートデーになるようにスケジュールを組みました。

 

12月8日(日)〜9日(月)カフェイン除去

10日(火)〜11日(水)+グルテン除去

12日(木)〜13日(金)+乳製品除去

14日(土)〜15日(日)+肉・魚・卵、砂糖除去

16日(月)〜20日(金)ファスティング期間

21日(土)〜24日(火)回復期間(肉・魚・卵食べてはいけない)

25日(水)〜 肉・魚・卵解除

27日 忘年会(チートデー)

 

このような感じです。今は回復期間になっています。

これまでのどんな感じだったのか?ファスティングはどうやったのか?をレポートしたいと思います。

 

「12月8日(日)〜9日(月)カフェイン除去」期

まず、どうしてファスティングする前に、こんなことをしているのかという説明は、メガネ田中さんのブログ、動画を見てもらえれば分かるのですが、普段からコーヒー、紅茶、緑茶を飲んでいる方が、いきなりファスティングをすると、頭痛に見舞われてしまうのだそうです。ファスティングを平穏に過ごしたければ、1週間前から除去すること!というススメのもと、実行してみました。

そうしましたら、1日目から、結構頭が痛く、休日で良かったと思うほど、少し寝込みました。2日目も薄ら頭が痛かったですが、午後にはスッと頭が痛いのが抜けました。

調べたところによると、カフェインは、まず、カフェインレスなどを飲んで体に慣らしての方がいいそうです。急に止めると、反動があるそうです。完全に失敗しました。

 

「10日(火)〜11日(水)+グルテン除去」期

人間って、面白いもので、心理的なものなのでしょうか、8日、9日に、頭が痛いながらも、10日になったら、グルテンを摂取できないということが分かっていたので、なんとなく、グルテンを摂取しなくては!という気持ちにさせました(パンを食べたと思います)。

カフェイン除去+グルテン除去になりまして、完全に洋風な朝食は、摂取できなくなりました。実は、グルテンは、調味料の中に含まれていることが多く、完全に除去することは、困難であると思います。パン、うどん、パスタ、そば、などは完全に除去して、醤油などに含まれる小麦粉は許すという独自のルールで実行しました。

ちなみに、メガネ田中さんは、グルテンも除去して下さいというススメはありません。

説明の中、ファスティングをより効果的にするためには、準備が必要ということだったので、せっかくなので、少しずつ腸に悪影響を及ぼす食材を除去して行こうと思った次第です。

 

 

「12日(木)〜13日(金)+乳製品除去」期

カフェイン除去+グルテン除去+乳製品除去です。

食のパラドックス』でも見たことがありますが、牛の乳が人間の腸内に合わないということだったので、羊、山羊の乳は大丈夫です。

これまた、人間の心理ですが、12日になる前には、アイスが食べれなくなると思って、アイスを食べました。

 

 

「14日(土)〜15日(日)+肉・魚・卵、砂糖除去」期

メガネ田中さんのススメでは、ファスティングの2日前からは、肉・魚・卵を止めるようにというススメがありました。砂糖は、個人的な目標ということで、プラスしました。

これまた、14日になる前には、肉が食べれなくなると思い、松屋に行きましたし、チョコレートも食べました。

メガネ田中さんが言うには、固形物がダメなだけで、出汁などで出た油はOKというルールでした。肉じゃがの肉を避けて食べるという具合です。

お昼に用意しているお弁当の卵を除去しました。

 

 

「16日(月)〜20日(金)ファスティング期間」

やり方としては、酵素ドリンクを水で薄めてそれを1日かけて飲むという方法です。

私が飲んでいた酵素ドリンクは「ハーモニーライフ 酵素」です。いろいろな酵素ドリンクを見て比べましたが、無農薬がいいという個人的な希望があり、むしろこれしか見当たりませんでした。

小さいサイズで1週間十分です。計量カップがついているので30ml分を、500mlのペットボトルに入れて水を入れます(逆もしました)。この他に、500mlのミネラルウォーター、他に、鉄分が取れるハーブティー(近くにカルディがあり、そこにこれしかなかった「クリッパーオーガニックフルーツインフェージョンクランベリー&ラズベリー」有機ネトルが入っているため)と、しそ梅干し(「高級梅干しギフト-有田焼陶器付-本格焼酎仕込み-無添加九州-箱入り」買いました)1粒を持って、仕事に向かいます。

ファスティング前は、毎日バナナ型の便が出ていましたが、ファスティング中は3日目くらいに少量出ました。

汚い話ですが、コーヒーを毎朝飲んだ後の尿は、コーヒーみたいな匂いがしていました。これは、私だけなのでしょうか。

ファスティング中は、お腹空かないのか?ボーッとしないのか?仕事に支障はないのか?というのが気になるところだったのですが、それが、不思議なことに、全くもって安定しており、朝の少しの時間、お腹が空くぐらいで、5日間、無理なくファスティングができました。

むしろ、動きやすくなっていました。あとは、精神が落ち着いていました。こんなにも、食べ物の影響で、精神の乱れがあったのかと思うと、食べ物を変えるだけで、ストレスが軽減されるのも納得だと、身を持って経験しました。

また、途中で生理になりましたが、特に問題もなく、すすめることができました。

 

 

「21日(土)〜24日(火)回復期間」

土曜日の朝はいつも出かけていますが、メガネ田中さんがススメる「スッキリ大根」を実行しました。

まずは、白湯を飲みます(夫にはコーヒーを淹れます)。

ここで異変がありました。急に動悸がしてきました。吐き気もあったのですが、ここでまた前回失敗した時みたいなノロウィルスになってしまったのかと思いましたが、動悸がしながら調べてみると、血糖値が下がっていることが原因の症状のようなので、最後の酵素ドリンクを少し濃いめに作って飲みながら、スッキリ大根の準備をしました。動悸がして苦しんでいる中、便意があり、少し出ました。

スッキリ大根の作り方は、鍋にだし昆布、ミネラルウオーターを多めに入れて、薄めに切った大根を入れて弱火で煮ます。目安が40分と紹介されていますが、大根が柔らかくなった時に食べました。大根を食べる前に、茹で汁を茶碗に入れて、梅干しを1つ入れて混ぜ込み、それを飲みます(まだ動悸がしていたので、少しもどしてしましました)。飲み終えたら、大根を食べます。私は味噌と一緒に食べました。

美味しかったです。食べたら、次に茹で汁を飲みます。飲んでいる最中に便意があり、水っぽい便が出ました。水っぽいのが出ると、話には聞いていたのですが、本当に水っぽかったです。そして、その中にはヘドロのようなものもありました(胆汁らしいです)。なんか、毒素が出てくれたって感じがします。この時のためにファスティングをしたようなものかもしれません。

その後も、作った大根と、大根汁を食べ飲みすすめましたが、便意はありませんでした。でも、それでいいそうです。この頃には、動悸はおさまっていました。相変わらず、精神が安定しているので、ピリピリしている夫に対してもイライラすることなく、お昼ご飯を準備しました。

 

これからは、回復食に入ります。

21日(土)朝:スッキリ大根

昼:紫イモチップス(ココナッツオイルで焼きました)

夜:十割そば、大根おろし、ほうれん草、小松菜(少し)、納豆、長ネギ

 

健康になるために、老廃物を出したいという理由でファスティングをしましたが、体重を計ったら、3.6kg減っていました(生理があったので、なかったらもっと減っていたかもしれません。足のむくみがどうしてもありました)。朝、昼が終わっても、体重は増えていませんでした。

ここから、少し戻るらしいのですが、食物繊維をしっかり摂取する食事を続け、体重の変化も見ていきながら、チートデー(飲み会、会食、食べたいモノを食べる)のバランスをみていきたいと思います。

この他には、運動(筋肉をつけること)を心がけないといけないと、感じました。

ファスティングは、来月もやってみたいとは思っています。快適なファスティングを行うために、動悸の対策をそれまでに考えなければならないと思いました。

 

ファスティングをやって思ったことは、精神がものすごく落ち着いていることです。ファスティングをする前も、周りからは、精神が安定していると言われていましたが、自分自身はこんなにも、精神が乱れていたということが、ファスティングで体感することができました。

食べ物は大事!ということが、改めて実感することができました。

 

<関連記事>

腸に従えばダイエットは誰でも成功する

本当に体にいい食事を求めて

朝ごはんを食べる?食べない?

レポートの最近記事

  1. 未来の自分を表すコーディネート

  2. 年俸だけが、夢ではない

  3. 渋谷のアーティストを支援する街へ

  4. ファスティング後の回復期

  5. 自炊をするという自己投資

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP