犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 犯罪

心理技官は、経度発達障害が苦手?らしい

以前紹介した、2001年『犯罪心理学研究 第39巻 特別号 発表論文集』発達と非行の中で、詳しい内容である、p.160『公開シンポジウム「発達と非行」ーわれわれが経度発達障害者から学ぶものー』小栗正幸(山口少年鑑別所)の中に興味深い内容がありましたので、ご紹介します。

 

タイトルの通り、「心理技官は、経度発達障害が苦手?」という内容です。

“矯正施設に勤務する心理技官にとって,おそらく経度発達障害どのイメージしにくいものはない。なぜなら,心理技官の多く(ほとんどと言ってもよい)は,そうした障害をかかえた子どもたちが,最も典型的な症状を示し,最も困った状態にある幼児期から児童期にかけての状態,自分の目で確かめることができず,またそうした状態にある年少児童に接する機会も,日常業務において得られないからである。”

 

“それと同時に,われわれの前に登場する経度発達障害背景にかかえた非行少年たちは,いわば典型的な症状が示される最盛期を通り過ぎたか,自分なりに(かなり危なっかしいものであっても)社会適応へのスキルを身に付けたか,二次障害として生じた情緒障害ないしは人格障害の渦中にあるか,いずれにしても非常に分かりにくい状態での出会いが生じるため,経度発達障害の兆候を発見することがなかなかむずかしい。”

 

“臨床の現場で起こることは,たえず現在症との出会いであり,臨床家の目は現在症を避けて通れない。したがって,われわれの前に登場するのは,要領の悪い子どもであったり,落ち着きのない子どもであったり,話の分からない子どもであったり,ときには人格障害を想定すべき子どもであったりするが,そこに経度発達障害の概念を持ち込んまなくても,取りあえずの状態像把握は可能になってしまう。われわれの領域においては,経度発達障害障害について本で読む以上の知識がえられにくいし,スーパーバイズを受ける機会もなく,例えそいした非行少年が目の前にいても,実体験としての蓄積になりにくい。”

 

“極論すれば,目の前にいても気付けない,あるいは気付けなくとも仕事ができてしまうのが,われわれの領域なのかとすら思えてくる。筆者にしても,おそらく以下に述べるような偶然がなければ,「話としては分かるような気がするが,いったいそうした子どもはどこにいるの?」といった感じで過ごしてしまったかもしれない。”

 

保育園にやってくる、ADHDなどの疑いがあるのではないか?という子どもを、専門家に見てもらうのですが(見てもらい方は、普段の保育活動を行い、その様子を基本見るのですが、話かけたりすることもあります。その様子を見た見解を、後に担任の保育士、園長先生が聞くという方法です。)、経度発達障害を見つけることが難しいというのは、おそらく、保育園、幼稚園だと、もっと難しいのでは察することができます。

もっと前から分かっていれば、その子のためになることは、言わずもがなですが、なんとかして欲しいとずっと思っていました。ですが、現実は、非常に難しいということが、ここから分かります。

勝手なことを言って申し訳ない気持ちもありますが、しかし、いつも過ごしている保育園のスタッフが、「この子はもしかしたら」と毎日の活動、生活の中で感じ、しかもそれを感じる大人が、複数人いるのであれば、その可能性は高いのではないかとも個人的には思っています。

もちろん、個性としても受け入れますが、たとえ個性だったとしても、この子のために生きやすい環境はどんな環境がいいのだろうかと保育園であれば考えます。

むしろ、この環境設定を一緒に考えて欲しいくらいです。

ご家庭では(保育園から伝達があった場合)、明らかにそうであるとは言えない、でも、生き辛そうということから、ケアをしてくれる団体などに、参加をして話を聞いてみたり、客観的に我が子を見る機会を設けてみたり、軽度であったとしても、接し方には気をつけなければなりませんので、そのことについて知る機会を設けてみることは、その子のためでもあり、家族のためにもなります(言われたことが出来ないことにたいして、怒る必要がないなど)。

この専門家の制度を上げることは、もちろん、将来、目の前にいる子どもの幸せにかかっているので、是非とも力を入れていただきたい気持ちとともに、急に変えることはできないと思うので、現在できること、すぐ出来そうなことはやってもらいたいというのが、正直な気持ちです(具体的には、複数人の専門家で、その子の様子を、最低1ヶ月は見てもらうなど、もっと観察してもらうための期間を作ってもらいたいなどです。そして、保育園、幼稚園、小学校などの教育機関、お子様を預かる役目のある方々が、その子のためにできることを一緒に考えて欲しいのです)。

 

<関連記事>

経験者の声が何よりも参考になる

今日はどうだった?を毎日家族で話すことの重要性

セルフコントロールを大人になるまでに教育の場で身につけるプログラムをして欲しい

犯罪の最近記事

  1. すべての人に学びの機会を

  2. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

  3. 子ども部屋って必要?

  4. 親子の権力争いが非行を促進させる

  5. 認識のすれ違いを少なくすることで、子どもの将来が安泰になる

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP