犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 未分類

階段の有効活用

もし、家に階段があるのならば、階段の役割を、ただ上の階と下の階を繋ぐ移動手段だけにしておくのは、もったいないと思います。

猫を飼っている場合は、階段の両端に猫の毛が溜まる傾向があり、その様子を見ると、一気に汚れている、不潔という印象になってしまうほど、階段は人間が登るときには、目線が階段の段を見ることになるので、どうしても目に入ってしまいます。

そのことから、むしろ階段は、階段以外の機能としても使うことができるのではと思うのです。

階段の汚れが目立たないように、階段に絨毯を敷く方もいらっしゃいます。素足やスリッパで過ごしたときには、気持ちがいいので、それを階段も敷くことによって、見た目も華やかになり、冷たい感触ではなくなるため、温かな場所にもなります。

個人的には、階段に植物を設置することです。

利点は、階段を通るたびに、目線に緑が入ってくるので、いちいち癒されるというところです。

また、水もあげやすくなると思います。

海外の映画や、ゲーム、ドラマなどで、階段に家族の写真を飾る家庭を多く見受けますが、日本だって、写真を飾っていいと思います。日本は、海外と違って、場所がないので、階段の壁を有効に使って、家族の写真を飾ることは、温かな家庭であると、デザインから感じることができます。

見せる収納として、階段の両端に、植物だけではなく、靴を置いてもいいのではと思いました。あまり履かない靴を、飾りとして配置すれば、綺麗に手入れをしたくなってきます。もう履かない靴があるのなら、靴の中に植物を入れることだって可能です。

一度しか読んでいない本を、縦にして並べるのではなく、何冊か積んで見せても、目に入るので、また読んでみようかな、とか、どんな内容だったかな?とか、立派な本棚としての役割にもなり、収納にもなります。

階段は、椅子にもなり、机にもなります。案外座ってみると、居心地がいいことに気がつくかもしれません。階段にクッションを置いてもいいと思います。寒かったら、ブランケット、膝掛けをもう置いておいて、丸めてクッションのように置いておけば、見た目もスッキリして、くつろぎたい空間になってきます。

もっと階段に対して、階段以外の有効な活用をしてみてはいかがでしょうか。

 

<関連記事>

アイデンティティが分かるモノを配置するだけインテリア

真っ白な空間

猫の習性を見習って

未分類の最近記事

  1. 母の日に、母が好きだったものを贈りたい

  2. 事実、ギャンブル依存症は未成年にも存在している

  3. 濃いブラウンとホワイトは合わない

  4. 部屋が寂しいと感じたら、観葉植物、絵画、置物などを置く

  5. 間仕切りを本棚にする

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP