犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 未分類

移動できる見せる収納

私だけではないと思って、このお話をしますが、クローゼットがあって(押入れですが)、今外出から戻ったとき、着ている服を、そのまま洗濯かごに入れるものと、そうでないものがありまして、冬なんか特にですが、パンツや、セーターなど、洗濯しないので、クローゼット行きになります。

ですが、脱ぎたてのまま、クローゼットに入れるのは抵抗があります。クローゼット行きになる前の一旦の置きたいという気持ちがあります。

特に置き場所がないので、洗濯バサミで洗濯物と一緒に、今は吊るしているような状態です。

この形にしますと、洗濯物と混ざってしまうので、ストレスなんです。

でも、場所がないんです。

いつもそんなことを思いながらも、同じことを繰り返しています。

インテリアの雑誌や本を見ていると、時たま出てきるアイテムがあります。

梯子(ハシゴ)です。

梯子といっても、アルミの工事現場などの作業場で使用されているものではなく、木製の自立しないタイプの梯子です。

使い方としては、本当に梯子としてロフトに上がるために使ってもいいのですが、壁に立てかけて、梯子の足場になっている部分に、衣類をかけることができるという方法です。

これであれば、濡れたタオルとかもかけられるし、衣類の一旦の行き場としても、おしゃれに使うことができるのではと思いました。

立てかけて、足場の部分にハンガーをやれば、上着であっても、シャツであっても、引っ掛けることができます。

本当に梯子としての用途にも使うえるので、アイデア次第でいろいろ使えるのも、魅力ではないかと思いましたので、紹介しました。

 

<関連記事>

収納場所を壁につくる

影の重要性(後編)

プライバシーのあるデザインとは?

未分類の最近記事

  1. 母の日に、母が好きだったものを贈りたい

  2. 事実、ギャンブル依存症は未成年にも存在している

  3. 濃いブラウンとホワイトは合わない

  4. 部屋が寂しいと感じたら、観葉植物、絵画、置物などを置く

  5. 間仕切りを本棚にする

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP