犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 未分類

気に入った家具から部屋をデザインしていい

インテリア、部屋のデザインは、決まりごとなんてありません。

暮らしている方の大切にされているものが、部屋には構成されているはずです。

その大切なモノの見せ方が、インテリア、デザインになるのではないかと思っています。

なので、100人いたら、100人のデザインがあるということになります。

例えば、気に入った家具があって、その家具を中心にして、まわりの家具がある、という部屋のデザインだっていいんです。

インテリアの雑誌や、本を見ていると、北欧の凝ったデザインをしているモノについては、その家具を強調したいから、そのまわりにあまりモノを置かないという光景をよく見かけます。

せっかくの素敵な家具なんだから、特別扱いしたい気持ちも分かります。なので、自然とモノが少ない、スッキリとしたデザインになっている気がします。

個人的には、ミニマリストの方にも、いいのではと思いました。

これも、完全なる好みになると思います。それこそ、ビビビとくるものがあれば、その直感に従って家具も選んで欲しいと思います。

もちろん北欧の家具を購入して、ごちゃごちゃとさせてもいいんです。せっかくの無垢な感じも、カラーリングしたっていいんです。

部屋を構成するもの(デザイン)が、気に入った家具から考えるというのは、時間がない方にとっては、時間がかからず、手っ取り早く模様替えが終わる気がするので、楽かもしれません。

服を決めるときにも、着回しをしたいアイテムを中心に考えていく方法がありますが、模様替えも、それに似ているかもしれません。

気にいる家具を見つけるには、どうしても、実際の実物を見て回らないとビビビとこないと思うので、旦那であったり、お友だちと会ったついでに、お話をしながら、家具を見て回るのも、すてきなデートコースではないかと、提案いたします。

 

<関連記事>

居心地の良い環境は少しの違い

空間のプライバシー確保とは?

気に入ったアイテムを迷わずに買ってみる

未分類の最近記事

  1. 母の日に、母が好きだったものを贈りたい

  2. 事実、ギャンブル依存症は未成年にも存在している

  3. 濃いブラウンとホワイトは合わない

  4. 部屋が寂しいと感じたら、観葉植物、絵画、置物などを置く

  5. 間仕切りを本棚にする

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP