犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. インテリア

気に入ったアイテムを迷わずに買ってみる

インテリアの話です。

お部屋の色を気にしてしまって、雑貨屋さんに行ったときに「はっ!かわいいぃぃ」って思っても、買わずにいてしまうということはないでしょうか。

 

何かを選ぶときに、これなら今の部屋に合うかなっていう基準で考えてしまう。本当に気に入ったものなのに、買わずにいてしまう。

私は、気にして買えないタイプです。

 

私の部屋、家は、かなり寂しい感じです。もしかしたら、これが最近流行のミニマムな生活なのかもしれません。かの有名なスティーブ・ジョブズさんも、禅の精神で、シンプルな暮らしをしていたと聞いたことがあります。

ミニマムな生活が悪いと、非難しているワケではないので、先に断っておきます。

 

20代のときには、好きなものを買っていました。ゴチャゴチャとしたモノで溢れていました。なので、職場のデスクは、モノを置かないでスッキリとさせていました。そこから、あれもこれもと、私生活でも不要なモノと思ったら、捨てていました。

いま残っているのは、数着の服、ノートパソコン、iPad、本です。

 

そんな生活を過ごしていて、振り返って、いまの生活を客観的に見てみたら、

「つまらない人生だな」と思ったんです。

シンプルなのが個性なのですが、なんか、味気ないそう感じてしまいました。

 

もちろん、シンプルに過ごしていたのは、やりたいことがあって、その結果には一片の悔いなしもありません。これからの生涯も学び続ける人生になると思っています。

だけど、インテリアのことを考えて、いろいろな本や、雑誌を見たりしてから、自分の部屋を見ると、なんてつまらないんだろうと思ってしまったんです。

今でも、もちろん幸せなのですが、暮らしにもっと目を向けることで、もっと幸せになれるのではと思いました。いや、確信しているんです。

この確信は、私自身が、ずっと「犯罪」のことを調べていたことからなのですが、だから、気に入ったもの、本当に気に入ったモノを迷わずに買って、暮らしを豊かにすること、今の自分を買ったモノを見て、自分で今の自分を理解することが、自分のためになるということです。

 

もちろん、気にいるものがなければ、買う必要はありません。また、破産しては元も子もありません。身の丈に合ったモノを買うのは言うまでもありません。

もっと楽に考え、楽しんでいいということです。それが、人生になっていくということです。振り返ったときに、「詰まらない人生だな」なんて思わないと思うんです。

 

<関連記事>

空間を仕切るアイデア(ラグを使ってみる)

プライベート空間を設ける際のルールは自分の感覚でいい

そんなにお金をかけなくても居心地のよい場所はつくれる

インテリアの最近記事

  1. 階段に本棚をつくり、そこで本を楽しむ空間にしてしまう

  2. 殺風景な空間は、個性的な照明を置くだけで印象的なお部屋になる

  3. 真っ白な壁紙に背の高い植物を密集させるとミスマッチになる

  4. 心地よい職場環境の提案

  5. 窓の近くにテーブルを置く

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP