犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

ヤラセ・ゼロ

『売らずに売る技術』で、興味深い内容が載っていたので、ご紹介します。

ブランド側から、知ってもらいたい情報、新作の発表などの発信を、人々に知ってもらうためには、もちろん、広告という方法がありますが、現在では、そういったファッション雑誌なんかで宣伝をするよりも、ファッションブロガー、インスタグラマーなどが取り上げることの方が、よっぽど世間に影響を与え、購買意欲を左右させています。

インスタグラマーの方に、そういったビジネスの展開がありますが、わざとらしい感じなのは、誰が見てもいい気分にはなりませんし、魅力的に見えません。

むしろ、ブランド側としては、ファッションブロガー、インスタグラマーの方たちに対して、お金で宣伝(スポンサー的なこと)をしてもらうのではなく、彼らが本当に良いと感じてもらい、そこから、自然に手に取って使ってもらうような形が、一番の理想であると考えられます。

それが結果的に、顧客とのエンゲージすることにつながると思っています。

そう考えると、広告費としてのコストが軽減されるが、自社ブランドをより魅力的にするための演出などに、時間とお金を使用することができます。

これは同時に、一緒に働いている従業員のモチベーションを上げることにもつながり、こんな魅力的な場所で働いているんだと、誇りにすら思ってくれるのではないかと思っています。

そうなれば、接客の質も変わり、やってくるお客様に対しても、ブランドの魅力を自然に伝えることができる。この自然に、ヤラセではないというところが、お客様の気持ちを掴むことにつがなると考えられます。

その商品を購入するというきっかけは、人それぞれ違うと思いますが、原宿にいる、カリスマ店員と呼ばれる方々は、ブランドの魅力を自分の身につけることで表現しているということになります。

この人が着ているなら、私も欲しいという場合も考えられます(それが、ブロガーであったり、インスタグラマーと同じ立ち位置になります)。

この『売らずに売る技術』についてのテーマでいろいろ書いてきましたが、何度も思いますが、人の心を動かすには、人の心が必要であると思います。

 

<参考書籍>

売らずに売る技術 高級ブランドに学ぶ 安売りせずに売る秘密

 

<関連記事>

広告・宣伝の最大の強みは人である

成功した企業の特徴

アップルは商品を売らずに売っている

本の最近記事

  1. 顧客満足度100%を目指す

  2. 恩を返したくなるメカニズム

  3. サービス、商品の値段の決め方

  4. 同じ商品でも店舗によって違って見える

  5. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP